業務スーパーの食材でおでんを作ってダイエットに励む



私は、冬でも夏でもおでんを食べます。なぜならダイエット食品として優れているからです。さらに業務スーパーで安い食材を調達すれば、食費の節約にもなります。

スポンサーリンク

おでんのダイエット効果

低カロリーな具材

おでんも高カロリーな具材ばかりを食べていればダイエット効果は低くなります。

低カロリーな具材の代表例は、大根、コンニャク、昆布です。ダイエット期間中はこれらの具材を基本にすると良いでしょう。

おでんは水分量が多いので、低カロリーな具材でも腹もちが良く、ダイエット食に適していると思います。

タンパク質も摂取

栄養のバランスという意味では、炭水化物、タンパク質も適度に摂取したほうが良いです。

私はダイエット期間中は、炭水化物を普段の半分くらいにして、その分タンパク質を少し多めに摂るようにしています。急激に摂取カロリーを落とすのは良くないですからね。

おでんの具材で言うと、卵、牛すじ、あつあげなどはタンパク質を多く含んでいます。

野菜は別途摂取

さすがに、おでんだけでは不足する栄養素が出てきます。例えば、大根に含まれるビタミンなどの水溶性成分は、煮込むとほとんど溶け出てしまいます。

なので、私は夕食をおでんにしたら、朝・昼食はサラダなどで野菜を摂取するように心がけています。

実際に作ってみた

食材調達


業務スーパーで食材調達してきました。

食材金額(税抜)
大根(500g)¥118
さといも¥158
ロールキャベツ(10個入、600g)¥345
煮込み竹輪(5本入)¥155
牛すじ串(10本入)¥398
肉だんご(500g)¥160
手結こんにゃく(180g)¥59
あつあげ(2枚入)¥65
赤玉ミックス(10個入)¥148
おでんの素¥78

この中からその日の気分で具材を選びます。だいたい1食200~300円くらいのボリュームになるように調整します。

肉類に比べて、大根、コンニャクの量が少なかったですね。なので、後日買い足しました。業務スーパーでは、板状から棒状までコンニャクのバリエーションが豊かです。

それにしても牛すじ串は失敗だったかも。金額が高いし、長時間煮込まないと固くて食えたもんじゃないです。肉だんごのコスパがすばらしい。

調理&実食


おでんは煮込むだけで良いので楽ですね。煮込んだ後にしばらく寝かせると味がより染みます。


個人的に三種の神器だと思っている大根、コンニャク、卵に加えて、あとはタンパク質を摂るための肉類、そして炭水化物を少々。

さといもは炭水化物多めですが、いも類の中では低カロリーで食物繊維が多く含まれてます。

このときはご飯を食べなかったので、おでんだけでわりとガッツリめに。それでも、1食500kcal以下に抑えているつもりなので、ダイエット食としても及第点のはずです。

まとめ

さすがに毎食おでんだとツラすぎますが、私は夕食におでんを食べることが多いです。

ある程度まとめて作って冷蔵保存すれば、数日間は日持ちします。仕事から帰ってきた後に、サッと温めて食べられるのでとっても楽です。

スポンサーリンク

コメントを残す