一品300円の魚寅食堂に行ってきた


魚って同じボリュームだと肉より高くないですか?だから普段あんまり食べないんですけど、無性に魚が食べたくなったので、友達と一品300円の魚寅食堂っていう安めの店に行ってきました。

スポンサーリンク

店の場所

今回行ったのは魚寅食堂 横浜鶴屋町店です。この魚寅ってのがややこしくて、横浜駅周辺でも似たような名前のお店が3店舗あります。

それぞれ価格帯が違うので注意しましょう。私たちが行った魚寅食堂 横浜鶴屋町店は、低価格帯のお店ですね。

店の雰囲気

魚寅食堂 横浜鶴屋町店
テーブル席が中心。仕切りはないので普通にうるさいです。もうこれはお馴染みですね。

メニュー

魚寅食堂 横浜鶴屋町店
一品300円(税抜き)が基本なんですが、それ以上のメニューもあります。

魚寅食堂 横浜鶴屋町店
ドリンクも300円が基本。

実食

魚寅食堂 横浜鶴屋町店
マグロトロとかんぱち。それぞれ300円ですが、こんな感じで同じ皿にまとめてやってきます。かんぱちが美味かった。5切れ入ってるのでお得感もあります。

魚寅食堂 横浜鶴屋町店
サーモンとイワシ。回転寿司でもそうだけど、サーモンは裏切らないですね。

魚寅食堂 横浜鶴屋町店
マグロブツ切。臭みもなくて美味しかったです。やっぱマグロは赤身だな。

魚寅食堂 横浜鶴屋町店
あさりバター。ホッとする優しい味でした。

魚寅食堂 横浜鶴屋町店
金目鯛の煮つけ。ネギがたっぷり。肝心の魚があんまり食べるとこがなかった…。金目鯛って高級魚だもんね。

魚寅食堂 横浜鶴屋町店
マグロの揚げ物。すみません、どこの部位かは忘れました。でも、竜田揚げみたいな感じで美味しかったです。

魚寅食堂 横浜鶴屋町店
アジフライ。通常は300円なのですが、このときは品切れで値段が高くなるとのこと。詳細はよく分かりませんが、いつもより値段が高いアジフライが出てきました。つってもサイズは小ぶりでしたけどね。味は普通に美味しい。

魚寅食堂 横浜鶴屋町店
カンパチのカマ焼き。当初はマグロのカマ焼きを頼みましたが品切れでこれを勧められました。これも300円以上しますが詳細は不明。「ちょっと値段が上がっちゃうんですけど…」と言われて、そのままホイホイ頼んじゃいました。

ただ、肉厚&脂が乗っていて個人的には一番美味しかったです。

魚寅食堂 横浜鶴屋町店
しらすと高菜のチャーハン。ご飯メニューもいくつかあります。魚と一緒にご飯がたべたくなっちゃいまして…。

魚寅食堂 横浜鶴屋町店
鶏のから揚げ。なぜか最後に頼んじゃいました。

まとめ

品切れからの誘導に注意

品切れのメニューがいくつかあったんですよねぇ。私たちが行ったのが21:00くらいだったので、ちょっと遅かったのかもしれません。品切れの場合、300円以上のメニューを勧められる場合があるので、よく吟味しましょう。

ちなみに、この日はドリンクも飲んでちょっと調子に乗りすぎたからか、3,000円/人でした。低価格帯のお店では2,500円くらい済ませたいものです。

魚参のほうが好きかな…

横浜駅近辺には、魚参っていう魚メインの安いお店があるんですが、そっちのほうが好きかな。

ただ、魚参はいつも混んでるんで入れないことが多いんですよね。

スポンサーリンク

コメントを残す