梅雨のくせ毛対策はどうしたら良い?手軽にできるくせ毛のお手入れ方法とは?


くせ毛

梅雨時の悩みの種といえば、髪がまとまらない!

通学や出勤前の時間がない朝になかなか髪型がきまらないと、イライラしちゃいます。

私の家族は、父親も母親もくせ毛なので、そんな両親から生まれた私も当然のようにくせ毛。まさにサラブレッドですよ。

くせ毛は、何故か優性遺伝らしく、親から遺伝される可能性が高いんだそうです。それにしても、なんでクセがあるほうが優性なんでしょうねぇ?そのほうが頭をガードできるから?う~ん。謎です。

それはいいとして・・・、今回は、ちょっとした工夫でくせ毛を対策できる方法をご紹介します。

スポンサーリンク

梅雨時はなんでくせ毛がひどくなるの?

くせ毛は、遺伝的な要素もあると思いますが、同時にダメージヘアになっている方が多いそうです。

ダメージヘアになるとキューティクルがはがれて裂け目ができます。その裂け目から、水分が逃げていって髪がパサパサになっちゃんです。

また、梅雨時なんかの湿気が多いときは、キューティクルの裂け目から水分を吸収しますので、その部分が変形してクセがひどくなるんです。

ってことで、ダメージヘアを改善して髪の水分量が一定に保てるようになれば、くせ毛もある程度は改善されるということなんです。

くせ毛対策には日々のお手入れが大切

地肌をしっかり洗おう

くせ毛の原因の一つに、毛根の汚れがあります。毛根が汚れていると、髪の毛が成長するときの障害物となり、髪の毛を歪ませてしまいます。

シャンプーをするときは、しっかり頭皮を洗いましょう。

手軽にできる方法としては、シャンプーする前に、髪をぬるま湯で十分に洗い流しておくことです。こうすると汚れが浮いて、シャンプーのときに汚れが落ちやすくなります。

トリートメントをしてみよう

トリートメントは、キューティクルを補修して、髪を内部から整えてくれます。今は、「ダメージヘアを集中補修!」とかをウリにしてる商品がたくさんありますよね。

男性の方は、トリートメントをしていない方も多いと思いますが、これだけでもだいぶ変わると思います。お母さんなんかが使ってる場合は、こっそり使っちゃえ!

冷風をうまく使って髪を乾かそう

お風呂上がりに髪を濡れたままにしておくと、頭皮に雑菌が繁殖しやすくなります。なので、自然乾燥よりは、ドライヤーでちゃんと乾かしたほうが良いです。

ドライヤーは、普通、温風で乾かすと思いますが、温風を長時間あてるとキューティクルが開いてきますので、冷風をうまく使うのがポイントです。

最初に温風を使ってある程度まで髪が乾いてきたら、最後に冷風をあてて仕上げると、熱で開いたキューティクルが閉じて髪のまとまりがよくなります。

また、夏なんかだと、温風で頭皮に汗をかいちゃいますので、最後に冷風をあてると汗が引いてスッキリしますよ。

くせ毛のスタイリング

スプレーよりワックスの方がオススメ

くせ毛をセットするときは、スプレーよりワックスの方がオススメです。ワックスの方が髪全体になじませやすいですし、湿気を吸収しないように髪を保護してくれます。

ヘアアイロンを使うのもアリ

ヘアアイロンは、すっごい安く手に入るようになりました。プロ仕様の高温で使えるタイプも数千円から購入できますね。

クセが強いときは、ヘアアイロンで伸ばすのもアリですね。

ただ、ヘアアイロンは髪へのダメージもあるので、あまり高温で使っちゃダメです。140~160度程度で使ったほうが良いと思います。

さらに、髪が完全に乾いた状態で、ワックスなどをつける前に使いましょう。髪が濡れたままだとジューって音をたてて湯気がたっちゃいます。髪へのダメージもハンパないのでヤメましょうね。

関連リンク:ヘアアイロンの通販サイト
  • amazonでヘアアイロンを検索
  • 楽天市場でヘアアイロンを検索
  • 最終兵器の縮毛矯正

    くせ毛対策の最終兵器的な存在なのが、縮毛矯正です。私はやったことありませんが、ビックリするくらい綺麗なストレートになるみたいですね。

    ただ、値段が高いんですよね。髪の長さにもよると思いますが、1回につき数万円するところもあります。それを定期的にやり続けるのはちょっと・・・。

    私は、日頃のお手入れである程度改善されるなら、それでいいかなぁと思っちゃいます。

    まとめ

    今回は、梅雨のくせ毛対策についてご紹介しました。

    お金をかけないで手軽にできる方法もあったと思いますので、ぜひ一度試していただいて、ジメジメした梅雨を乗り切りましょう!

    スポンサーリンク

    コメントを残す