間違って郵便物が届いたらどうすればいい?宅配業者の場合は?罰則はある?


ポスト
先日、我が家に間違って郵便物が届きました。おそらく、以前マンションに住んでいた方宛てのものみたいです。引越したときに転送手続きをしてなかったのかな?

あんまり体験したことがなかったので一瞬戸惑いましたが、このままでは良くないと思ったので、こういうときどう対応すればよいか調べてみました。

スポンサーリンク

間違って郵便物が届いたらどうすればいい?

郵便局にもっていく

近くに郵便局がある場合は、直接持っていくのが手っ取り早いですね。窓口に届ければ対応してくれます。

郵便局に電話で連絡

最寄りの郵便局やお客様サービス相談センターに電話連絡してもOKです。地域によって異なるかもしれませんが、配達員の方が家まで受け取りに来てくれます。

付箋などを貼ってポストへ投函

郵便局に行かなくても、郵便物に「誤配達」と記載した付箋などを貼ってポスト投函してもOKです。一番手軽にできる方法ですね。

宅配業者の場合は?

ポスト投函されるものには、メール便などの宅配業者からの配達物もあります。この場合は、郵便局に連絡しても仕方がないですので、該当する宅配業者に連絡しましょう。

私の家にも以前にメール便の誤配達が来ましたが、宅配業者に電話したところ家まで受け取りに来てくれました。

対応しないと罰せられる?

ところで、郵便物の誤配達って対応しないとダメなんでしょうか?ということで、法律を調べてみると、まず郵便法で以下の規定がありました。

郵便法第42条:誤配達郵便物の処理

1. 郵便物の誤配達を受けた者は、その郵便物にその旨を表示して郵便差出箱に差し入れ、又はその旨を会社に通知しなければならない。

2. 前項の場合において誤ってその郵便物を開いた者は、これを修補し、かつ、その旨並びに氏名及び住所又は居所を郵便物に表示しなければならない。

この条文で「通知しなければならない」となっているので、連絡の義務があるってことですね。また、誤配達された郵便物を自分のものにすると、以下の遺失物等横領に問われる可能性もあるみたいです。この場合は罰則もあるんで注意が必要ですね。

刑法254条:遺失物等横領

遺失物、漂流物その他占有を離れた他人の物を横領した者は、1年以下の懲役又は10万円以下の罰金若しくは科料に処する。

まとめ

いやぁ~、誤配達って軽く見てましたが、対応しないと場合によっては罪に問われるんですね。放置せずに対応するようにしましょう。

また、引っ越す際には、忘れずに郵便局の転送サービスに申し込むようにしましょう。インターネットからも申し込みができます。

スポンサーリンク

コメントを残す