見つかる可能性アップ!Androidスマホを紛失したときに取るべき対応まとめ!


携帯 紛失
私は楽天モバイルを使ってます。いわゆる格安SIMというやつですね。スマホも使えるし通話料金が安いので変更したのですが、先日、そのスマホを無くしちゃいました…。結果的に見つかったのですが、紛失していたらスマホ再購入&SIMカード再発行で臨時出費になるところでした。

スマホを探してるときに役に立った便利機能があったので、今回はそれも含めてスマホを紛失したときに取るべき対応をご紹介したいと思います。

なお、私が使っているAndroidスマホのケースを中心にご紹介します。たぶんAndroidなら、楽天モバイルだけでなく他のキャリアでも応用できると思います。

スポンサーリンク

まずは電話をかける

家の固定電話や他の携帯電話などがある場合は、まずは電話をかけてみましょう。意外にすぐ近くから着信音が鳴って…なんてこともありますからね。

Androidデバイスマネージャーで探す

Androidデバイスマネージャーを使用するためには、該当のスマホで以下の条件が必要となります。

  • 電源が入っていてデータ通信ができる。
  • google設定でリモートから位置情報を探せるように設定する。
  • googleアカウントにログインしている。

機種によっては「google設定」を以下のように変更する必要があるかもしれませんが、私の場合はデフォルトで使えるようになってました。

  1. 「位置情報」がONになっていることを確認
  2. google設定

  3. 「セキュリティ」で「リモートでこの端末を探す」「リモートでのロックとデータ…」がONになっていることを確認
  4. google設定

GPSで位置検索

PCなどでAndroidデバイスマネージャのwebサイトを開くと、まずスマホの位置情報を確認できます。誤差がある可能性もありますが、手がかりにはなると思います。
Androidデバイスマネージャ

各種操作も可能

着信音を鳴らす

電話をかけなくても着信音が鳴らせるので意外に便利です。
Androidデバイスマネージャ

ロック画面を変更

パスワードロックをかけたり、復旧メッセージに「XXXX-XXXXまで連絡してください」などと入力することで、拾った人に向けたメッセージをディスプレイに表示させることが可能です。
Androidデバイスマネージャ

初期化

思い切って初期化することも可能です。当然ながら電話帳などのデータは消えちゃいますので判断が必要ですね。
Androidデバイスマネージャ

紛失した場合の関係各所への連絡

携帯キャリアへの停止連絡

すぐに見つからない場合は、悪用されることを防ぐために携帯キャリアに連絡して利用を停止してもらいましょう。キャリア毎に対応方法は異なると思いますが、とりあえず相談がてら連絡するのが良いと思います。

警察へ紛失届

警察への紛失届(遺失届)も出しましょう。近くの交番でも受け付けてくれます。また、場所によってはインターネットで落とし物検索できますので活用しましょう。

まとめ

Androidデバイスマネージャーは意外に便利なので、できれば事前に使えるかを試したほうが良いと思います。

ちなみに私の場合は、GPSで位置情報を確認したところ、とある飲食店で落としてしまったみたいで、速攻で連絡したらめでたく見つかりました。


スポンサーリンク

コメントを残す