NHKの受信料を解約してみた!連絡先など手続き方法の備忘録


NHK
今まで当たり前のように契約してきたNHKですが、実は我が家ではかなり前にテレビを廃棄したので、実質上NHKはもちろんのこと民放も視聴してませんでした。それでも、スマホにワンセグ機能がついていたので受信料を払い続けてきたのですが、先日、キャリア変更してワンセグ非対応のスマホに変えたんですよ。

これで解約の要件は満たしたと思うのですが、いろいろと良くない噂も聞くのでちょっと心配…。なので、ちょっと事前に手続き方法などを調べつつ実際にやってみました!

スポンサーリンク

解約手続きの流れ

ふれあいセンターに電話をする

NHKの受信料手続きはwebからでもできるはずなのですが、解約に関してはかなり分かりづらいですね。特に専用フォームは無いみたいなので、総合窓口であるふれあいセンターに電話しました。

自動音声案内で「1.住所変更・新規契約、2.お支払い方法・契約者氏名変更、3.その他」を押して!とのことだったので、「3」を押すとオペレーターへの呼び出しが始まりました。

…なんですが、これがなかなか繋がらない!2~3分は待ちましたよ。ようやくオペレーターにつながって要件を伝えたところ、以下のことを確認されました。

  • お客様番号(不明でもOK)
  • 住所・氏名
  • 受信料解約の理由
  • テレビ・スマホの他に、PC・ゲーム機・カーナビなどの受信設備はないか?
  • スマホを機種変更した日付は?

そんで、詳細は、翌日に地域放送局から詳細の連絡をするとのことでこの日は終わり。できればすぐ終わらせたかったんですけど、電話した時間が土曜日の夕方だったからかも。

地域放送局から電話がくる

地方局から電話がかかってきて解約に関する旨を再確認して、以下のことを伝えられました。

  • NHKから解約届(廃止届)を送付する。
  • 解約届とスマホを機種変更したことを証明する書類を返送する必要がある。
  • 解約の手続きには2週間くらいかかる。
  • 受信料は解約した月の前月までの支払いとなる。(私の場合は年間払いだったため指定口座に残りが払い戻しされる。)
  • 解約が完了した後でもNHKが不定期に訪問する場合がある。

電話対応は事務的に淡々とこなすような感じでしたが、それほど悪い印象は受けませんでした。ってことで、解約届が送られてくるのを待ちます。

解約届が届く

約1週間後に解約届が届きました。記入する項目は、以下のとおりです。

  • 放送受信契約者の氏名および住所
  • 受信機を住所以外の場所に設置していた場合はその場所
  • 放送受信契約を要しないこととなる受信機の数
  • 放送受信契約を要しないこととなった事由
  • 署名と捺印
  • 今後の受信設備の設置予定

NHK

受信機を廃棄した場合は、それを証明できる書類も必要になるみたいです。私の場合は、ドコモ⇒楽天モバイルへのNMPによる切り替えだったので、楽天モバイルに手続した際に送られてきたメールを印刷して、解約届と合わせて返信用封筒に入れて送りました。

解約完了?

私は年間契約だったのですが、解約届を返信してから約2週間後に、何の前触れもなく受信料の残金が口座に振り込まれました。

これで解約できたってことかな?とはいえ心配なので、一応ふれあいセンターに電話してみたところ、正常に解約完了しているとのこと。どうやら解約完了通知のような書類は送ってこないみたいですね。

う~ん、解約にあたっては審査をしてるわけだから、きちんと完了したことを証明する書類は出すべきだと思いますけど…。まぁ、今のところそういう運用みたいです。

まとめ

私の場合は、単純に受信機がなくなったので、比較的スムーズに手続きできだと思います。ケースによっては、いろいろと面倒になることもあるかもしれませんね。

この解約完了から3ヶ月後くらいにNHKの方(委託会社?)が訪問してきました。もちろん状況は変わってないので、以前解約したばかりですと伝えました。仕事熱心なのはいいのですが、ちょっと来るの早すぎ。3ヶ月じゃ状況変わらないってw


スポンサーリンク

コメントを残す