電気ケトルは一人暮らしの強い味方!購入時の選び方は?料理もできるってホント?


電気ケトル
最近かなり狭いワンルームに引っ越したんですがキッチンがあってないようなもんなんですよねぇ…、そんな私が最近購入したのが電子ケトルです。これがめちゃくちゃ便利なんですよ。

スポンサーリンク

電気ケトルとは?

電気ケトルの特徴

電気ケトルとは、電気でお湯を沸かす家電製品です。電気ポットと用途は似てますが、電気ケトルは素早くお湯を沸かすことに特化してます。

また、容量は最大2l程度のものが多く電気ポットより少なめですが、コーヒーやカップラーメンなどを作るときに重宝する一人暮らしの強い味方なんです!

一回の電気代は?

私が使っている「ティファール ジャス­ティンプラス(1.2l)」では、約1分でカップ1杯分(約140ml)を沸かすことができて電気代は約0.6円です。

電気ケトルには保温機能はありませんが1回の電気代は安いので、その都度お湯を沸かしてもとっても経済的です。

購入時の選び方は?

チェックポイント

電気ケトルの仕様は、各メーカーで特色があります。だいたい以下のポイントを確認しつつ、用途に合わせて選べばよいと思います。

最大容量

0.8L~1.2Lが代表的なサイズですね。何人で使うかで容量が決まってくると思います。個人的には少し多めの容量にしたほうが使い勝手は良いと思います。

素材

ベーシックな樹脂製やオシャレなステンレス製などがあります。

沸騰速度

沸騰する速度は早いに越したことはないですよね。忙しい朝などに使う方はこの点もチェックしましょう。

保温性

素材や構造によって保温性が高いタイプもあります。

蒸気レス

蒸気を内部で留めて外に出さないタイプもあります。この機能がついていると結露の心配がないため置き場所を自由に選べます。

設定温度機能

熱湯ではなくて設定温度に温めてくれるタイプもあります。赤ちゃんのミルクなどに使えます。

カルキ抜き機能

気になるカルキ臭を飛ばしてくれるタイプもあります。

人気の電気ケトル

ティファール製

ティファール製は、樹脂製のタイプがほとんどで軽いのが特徴です。個人的にデザインが一番好きです。容量は0.8L以上ほしいですね。

私が持っているのは、以下のタイプです。容量が1.2Lくらいあると複数人向けにも使えますね。価格もそんなに高くないのが良い感じです。

タイガー製

やっぱり国内メーカーが良い!という方は、タイガー製をオススメします。転倒時の流水防止などのきめ細かい機能がついてます。樹脂製の二重構造になっていて保温性が高いのも特徴です。

こちらもタイガー製ですが、蒸気レスのバージョンです。

料理もできるってホント?

ゆで卵や麺が茹でれる?

ネットでも「電気ケトルでこんな料理ができました!」という記事をたまに見かけますが、やろうと思えば、電気ケトルでゆで卵やうどん・パスタなどの麺類を茹でることができます。私もゆで卵はやってみたことがありますが普通にできます。麺類は吹きこぼれる可能性があるので、ちょっと危ないかもしれませんね。

メーカーさんは推奨してない…

ただ、メーカーさんは推奨してない模様ですね。例えば、ティファールのwebサイトでは、使用上の注意事項として「麺やカップなど、水以外のものをケトルの中に入れないでください。」という記載があります。どうやらセンサーなど機能に支障が出る可能性があるみたいです。やるとしても自己責任ってやつですね。

まとめ

今回は電気ケトルについてご紹介しました。私は暖かいコーヒーやお茶をよく飲むので、なんだかんだいって毎日使ってます。やっぱりすぐにお湯が沸くのが便利ですよね。電気ケトルは価格もそんなに高くないので、ぜひ使ってみることをオススメしますよ。


スポンサーリンク

コメントを残す