端午の節句の由来は?鯉のぼりや柏餅にはどんな意味が込められてるの?


こどもの日
5日5日は、子供の日。またの名を「端午の節句」と言いますね。私も子供の頃は、両親にいろいろとしてもらいましたが、よく考えてみると端午の節句って謎なことが多い気がします。ってことで、今回は、端午の節句についてご紹介します。

スポンサーリンク

端午って何?

端午の節句はよく聞きますが、そもそも「端午」ってなんなんでしょう。

「端」は物事の初めの部分という意味で、「牛」は牛の日(うまのひ)を意味します。つまり、「月初めの午の日」という意味になるので、当初は毎月「端午の日」があったということになります。それが、「牛」が「五」を連想させることと数字の重なりを意識して、5月5日を端午と呼ぶようになったのだそうです。

端午の節句の由来

節句とは?

節句というのは、季節の節目となる日のことです。全部で5つあって、「五節句」と呼ばれています。

  • 1日1日:人日の節句
  • 5月5日:端午の節句
  • 3日3日:上巳の節句
  • 7月7日:七夕の節句
  • 9月9日:重陽の節句

端午の節句は菖蒲の節句

奈良・平安時代の頃、端午の節句には、菖蒲(しょうぶ)や蓬(よもぎ)を飾って邪気を払ったり、菖蒲湯につかって健康を願うという風習があったようで、「菖蒲の節句」とも呼ばれていました。

鎌倉時代になって武家時代が到来すると、「菖蒲」という言葉が、武道・武勇を重んじるという意味の「尚武(しょうぶ)」を連想させるため、「菖蒲の節句」は武家の間で広まっていき、次第に一家の後継者となる男子を祝う日へと変わっていったんだそうです。そして、江戸時代になると、端午の節句を含めた五節句は、徳川幕府により正式な式日となり、行事として定着していきました。

鯉のぼりを飾るのはなぜ?

鯉のぼり
端午の節句に飾るものと言えば、「鎧兜」と「鯉のぼり」ですよね。鎧兜は、今までの内容からお武家さんに由来するんだろうなぁと想像できるんですが、鯉のぼりってよく考えたら何で飾るんでしょう?

鯉のぼりは江戸時代から

端午の節句に鯉のぼりを飾るようになったのは、江戸時代からだと言われています。もともと、端午の節句には「武者のぼり」という縦長の旗が飾られていました。大河ドラマなんかの合戦シーンでみるアレですよ。アレ。それを見た一部の庶民がアレンジして、中国に伝わる鯉の滝登り伝説(登竜門)にあやかった鯉のぼりを飾るようになったそうです。

鯉の滝登り伝説とは?

この伝説の内容は、中国の黄河にある竜門という激流の滝を登り切った鯉は竜になっちゃうというもの。

鯉のぼりは、男子が元気に育って竜のように大成してねっていう願いが込められてるってことですね。

鯉のぼりの真鯉・緋鯉・子鯉の意味は?

私が子供の頃に飾ってもらった鯉のぼりは、3匹構成だったと思うのですが、みんなが知ってる童謡「こいのぼり」の歌詞では、以下の2匹構成になってますよね。

  • 大きい真鯉(黒い鯉)は、お父さん
  • 小さい緋鯉(赤い鯉)は、子供たち

これには以下の理由があります。

一番最初は真鯉だけ

江戸時代からはじまった鯉のぼりですが、最初は、黒い真鯉だけを飾ってたんだそうです。これが、明治時代になると、真鯉と緋鯉がセットで飾られるようになり、童謡「こいのぼり」の歌詞通りの構成になったんだそうです。

今現在は家族で仲良く泳いでます

お母さんも含めた家族の構成になったのは戦後から。以下の3匹以上の構成が一般的ですよね。

  • 真鯉(黒い鯉)は、お父さん
  • 緋鯉(赤い鯉)は、お母さん
  • 子鯉(青い鯉など)は、子供たち

ちまきや柏餅を食べるのはなぜ?

端午の節句に食べる「ちまき」や「柏餅」は、それぞれ由来が異なります。

ちまき

ちまき
ちまきは、中国から伝わった食べ物で、もともと、茅(ちがや)という草で包んでいたことから、茅巻き(ちがやまき)→ちまきになったんだそうです。茅は、邪気を払う効果があると言われていたため、端午の節句に食べるようになったそうです。

柏餅

柏餅
一方で柏餅は、日本独自の食べ物。カシワは季節によって葉を落とす落葉樹ですが、秋に葉っぱが枯れても翌年の春に新芽が育つまで古い葉っぱが落ちないんだそうです。そんなカシワの様子から、子宝に恵まれて家系が途絶えることがないようにと願ったんですね。

まとめ

今回は、端午の節句についてご紹介しました。

いやぁ、調べてみるといろいろと奥が深い!当然ながら私が子供の頃は何も知らずに祝ってもらってましたよ。といっても、こんなこと説明されても理解できなかったと思いますが・・・。お子さんがいらっしゃる方は、端午の節句の意味をかいつまんで教えてあげるとスゴイって言ってもらえるかも!?

スポンサーリンク

コメントを残す