東京湾大華火祭2015年の日程・開始時間は?有料席はある?穴場スポットはどこ?


東京湾大華火祭
東京湾大華火祭は、東京都中央区で行われる花火大会です。今年で27回目を迎え、毎年約70万人の観光客が訪れます。東京で行われる花火大会としては、隅田川花火大会や神宮外苑花火大会と並ぶくらいに有名ですね。

ということで、今回は、東京湾大華火祭の日程・有料席情報・穴場スポット情報をご紹介します。

スポンサーリンク

東京湾大華火祭2015年の日程・開始時間

東京湾大華火祭2015年の日程・開始時間などの基本情報は以下のとおりです。

日程2015年8月8日(土)
時間18:50~20:10
会場東京港晴海埠頭沖海上、晴海ふ頭公園
打ち上げ数約12,000発
雨天雨天決行(順延の予定はなし)
URL東京湾大華火祭 公式サイト

どんな花火があがるの?

東京湾大華火祭では、都内最大級の尺5寸玉が10発、尺玉100発をはじめ、合計約12,000発の花火が打ち上げられます。参考までに2013年度の花火大会の様子を以下の動画でご覧ください。

花火観覧の有料席

東京湾大華火祭のメイン会場は、下図のとおり5つの会場が用意されています。

東京湾大華火祭

入場整理券が必要な会場

晴海主会場・晴海第二会場は、無料ですが事前に入場整理券が必要になります。入場整理券は事前応募により抽選で当選者が決まります。

関連リンク:東京湾大華火祭 公式サイト(入場整理券)
⇒入場整理券の申し込みは7月14日(火)午後5時で締め切られました。

個人協賛会場

晴海個人協賛会場・日の出会場・豊洲第一会場は、協賛会場となり5,000円~7,000円の有料席となります。協賛席は、6月13日(土)午前10時から先着順にて販売されています。

花火観覧の穴場スポット

できればメイン会場で見るのがベストだと思いますが、それ以外で少し離れた以下の穴場スポットをご紹介します。

有明スポーツセンター

有明スポーツセンターには展望台があり、そこが一番見晴らしが良いです。また、休憩室やトイレなどの設備も充実しています。

東京都立潮風公園

かなり広い公園で見晴らしも良いです。芝生スペースがあり、座ってゆったりと花火が見れます。

芝浦埠頭

芝浦埠頭は、港区民限定(事前に要抽選)で観覧場所で用意されるのですが、それ以外の周辺地域でも花火が見れます。

まとめ

今回は、東京湾大華火祭ついてご紹介しました。東京湾大華火祭は、都会の夜景と花火のコラボが楽しめてデートにもピッタリの花火大会ですね。2014年度は台風で中止でしたから今年はきっと盛り上がりますぞ!

スポンサーリンク

コメントを残す