青森ねぶた祭りの由来とは?2019年の日程はいつ?

青森ねぶた祭り
青森ねぶた祭りは、青森県青森市で8月2日〜7日に開催されます。毎年、ニュースなどでも取り上げられるている国内でも最大級のお祭りですね。

私は1度行ったことありますが、「ねぶた」と呼ばれる独特の山車が巡行する姿は迫力満点でしたよ。

毎年300万人を超える観光客が訪れるだけあって、めちゃくちゃ混雑してましたけど一度は行ってみたいお祭りだと思います。

今回は、そんな活気あふれる「ねぶた祭り」についてご紹介します。

青森ねぶた祭りの由来とは?

青森ねぶた祭りの始まり

青森ねぶた祭りの起源は諸説ありますが、七夕行事として行っていた「ねむり流し」がその一つです。

「ねむり流し」とは、睡魔を払うために水浴をしたり、形代 (かたしろ) などを灯籠などにのせて、川・海に送り流したりする行事です。

この灯籠などが形を変えて、現在の山車になったと言われています。また、「ねぶた」の語源も「ねむり流し」が訛ったものだと言われています。

ラッセーラー!跳人とは?

青森ねぶた祭りをより一層盛り上げるのは「ねぶた」の周りで踊る「跳人」の方々です。文字通り、跳ねるように踊るのが特徴です。

跳人はお囃子にあわせて、「ラッセラー、ラッセラー、ラッセラッセ、ラッセラー」という掛け声を上げます。

たぶん一度は聞いたことあるんじゃないでしょうか?


動画:青森ねぶた祭/跳人編

青森ねぶた祭り2019年の日程はいつ?

青森ねぶた祭り2019年の日程は以下のとおりです。

8月1日(木) 18:00~21:00頃 前夜祭
19:30~20:40頃 第71回浅虫温泉花火大会
8月2日(金) 19:10~21:00 子どもねぶた(約15台予定)・大型ねぶた(約15台予定)の運行
8月3日(土)
8月4日(日) 19:10~21:00 大型ねぶたの運行(約20台運行予定)
8月5日(月)
8月6日(火)
8月7日(水) 13:00~15:00 大型ねぶたの運行(約20台運行予定)
19:15~21:00頃 第65回青森花火大会・ねぶた海上運行

なお、8月6日(火)は、ねぶた大賞などの各賞が発表されます。各日程の詳細は、公式サイトもあわせて参照下さい。

青森ねぶた祭りの見どころ

青森ねぶた祭りをいくつかピックアップしてみました。昨年度の祭りの様子が紹介されている動画も合わせてご覧下さい。

大型ねぶたの運行

青森ねぶた祭りに行ったら、なんといっても迫力ある大型ねぶたは見なきゃダメですね。

ちなみに、8月4日(日)~6日(火)は19:10開始で、最終日の8月7日(水)は13:00開始となります。


動画:ねぶたに大歓声/青森県内祭り最高潮

青森花火大会・ねぶた海上運行

最終日の8月7日(水)は、青森花火大会・ねぶた海上運行が行われます。

夜空を彩る花火と大型ねぶたが共演し、青森ねぶた祭りのフィナーレを飾ります。


動画:2015青森ねぶた海上運行、花火大会

青森ねぶた祭りの穴場スポット

青森ねぶた祭りの運行コースは、青森駅からのびる新町通りから並行している国道4号をぐるっと一周します。

運行コース周辺はどこも混雑するので、目立った穴場スポットはありません。

個人的にオススメなのが、ねぶたの待機場所になっている「ねぶたラッセランド(観光物産館アスパム周辺)」です。

昼間でもねぶたを間近で見ることができるので迫力がありますよ。

まとめ

今回は、青森ねぶた祭りついてご紹介しました。

個人的には、ねぶたを見るなら夜間の方が迫力があるので、8月4日(日)~6日(火)の大型ねぶたがオススメです。

できれば最終日の花火大会も見て、青森ねぶた祭りを存分に楽しみたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。