お盆の由来は?2015年の期間はいつからいつまで?お墓参りするときのマナーは?


お盆
夏の行事はいくつかありますが、個人的に必ず毎年やっていることは、お盆に帰省するということですね。

お盆といえばお墓参りをするイメージがありますが、何でそうなったんでしょうねぇ?ということで、今回は、お盆の由来や期間、そしてお墓参りするときのマナーをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

お盆の由来は?

お盆の語源は「盂蘭盆会」

お盆の語源は、仏教用語である「盂蘭盆会(うらぼんえ)」を略したものだと言われています。盂蘭盆とは、旧暦7月15日にご先祖様を供養して苦しみを除くという行事です。

日本独自のお盆の風習

現在のお盆行事は、盂蘭盆会と日本古来の先祖供養の風習が融合して、日本独自の風習になっていきました。

明確には分かっていませんが、もともと日本には初春と初秋の満月の日に先祖の霊が子孫のもとを訪れるという行事があり、盂蘭盆会と初秋の行事が合わさってお盆になったという説が一般的です。

お盆期間はいつからいつまで?

期間は地域によって異なる!

お盆の時期は地域によって異なりますが、代表的なのは「旧のお盆(月遅れの盆)」「新のお盆」の2パターンがあります。

全国的に一般的なのは、「旧のお盆(月遅れの盆)」ですね。企業などのお盆休みも、この辺りの時期になっていることが多いと思います。

迎え日中日送り日
旧のお盆(2015年)8月13日(木)8月14日(金)8月16日(日)
新のお盆(2015年)7月13日(月)7月14日(火)7月16日(木)

迎え日・送り日って何?

お盆の期間は4日間ありますが、初日は「迎え日(盆の入り)」、最終日は「送り日(盆明け)」と呼ばれています。

私の地元では、お墓参りとあわせて、迎え日の夕方にご先祖様の霊が迷わないように「迎え火」を焚き、送り日の夕方にご先祖様の霊を送り出すため「送り火」を焚きます。「迎え火」・「送り火」の日程は、地域によっても異なりますね。

また、送り火で有名なのが京都で行われる「五山の送り火(ござんのおくりび)」です。大文字山の「大」という文字をはじめとして、5つの山でかがり火が焚かれます。
五山の送り火

お墓参りするときのマナーは?

お墓参りの時間帯・持ち物

お墓参りをする時間帯に特に決まりはありませんが、お墓を掃除することを考えると明るい日中が好ましいです。また、ご参考までにお墓参りの持ち物例を以下にご紹介します。

  • 数珠
  • 線香
  • ロウソク
  • マッチ(ライター)
  • お花・お供え物(お供え物を置く紙も必要)
  • 掃除用具(ほうき・雑巾・歯ブラシなど)
  • ひしゃく・手桶

ちなみに、寺院や霊園の場合は、ひしゃく・手桶が準備されている場合があります。また、お墓に水をかけるのは良くないという考え方をするご家庭もありますので、こちらも事前に確認しておきましょう。

お墓参りのやり方

お墓参りのやり方は、以下の動画でわかりやすく紹介されていますので、参考にしていただければと思います。

  • 1.お墓の周辺をほうき掃除する。雑草がある場合は取り除く。
  • 2.墓石全体を雑巾で拭く。細かい部分は歯ブラシで掃除する。
  • 3.お供え物をして、火をつけたお線香を香炉に置く。
  • 4.合掌礼拝してお参りする。
  • 5.お供え物を持ち帰るなどの後片付けをする。

まとめ

今回は、お盆のあれこれについてご紹介しました。お盆の由来や期間を意識しながらお墓参りすると、より感慨深い行事になると思いますよ。

ちなみに、お盆に新幹線で帰省する方は、「えきねっと」というインタネットサービスを利用するとお得にチケットが購入できる可能性がありますので要チェックです!

スポンサーリンク

コメントを残す