天神祭とはどんなお祭り?2019年の日程はいつ?見どころの船渡御や奉納花火の穴場スポットは?

天神祭り
日本三大祭りにも数えられる「天神祭」は、毎年7月に大阪にて行われます。

昨年は約125万人の観光客が訪れた有名なお祭りですね。

船渡御をはじめとした歴史ある行事に加えて、華やかな花火大会など見どころ満載!

今回は、そんな天神祭についてご紹介します。

天神祭とはどんなお祭り?

天神祭の由来

天神祭は、大阪天満宮が鎮座した2年後の天暦5年(951年)から始まったと言われています。1000年以上の歴史があるんですね。

当初は、大川より神鉾(かみほこ)を流して、流れ着いた場所を祭場として禊払いの儀式が行われていました。

「鉾」とは槍の前身にもなった細長い武器のことで「矛」とも書きますね。この風習は、「鉾流神事」として現在も行われています。

また、祭場には船を使って奉迎されていたことから「船渡御」という行事もあわせて行われます。

華やかな奉納花火

天神祭の魅力のひとつとなっている奉納花火は、江戸時代後期から行われるようになりました。

大川をはさみ2ヵ所から花火が打ち上げられ、その数は4,000~5,000発となってます。

一時期は不況下で打上数が減少する傾向にあり、クラウドファンディングにより資金調達するという試みにもチャレンジしていました。

今年は盛り上がることを期待したいですね!

天神祭2019年の日程はいつ?

天神祭は2019年6月25日から本宮の7月25日まで、約1ヶ月にわたって行われます。

メインとなるのは、7月24日の宵宮と7月25日の本宮です。

特に7/25は、陸渡御や奉納花火が行われて一番の賑わいを見せます。

関連リンク:天神祭 公式サイト

天神祭の見どころ

7月24日は伝統的な「鉾流神事」などが行われますが、7月25日の方が「奉納花火」などの華やかな行事が多いです。

今回は7月25日を中心に見どころをご紹介します。

陸渡御

7月25日(木) 15:30〜/大阪天満宮

大阪天満宮から船渡御が行われる天神橋まで、総勢3,000人の大行列が街中を練り歩きます。


動画:大阪 天神祭 2017 陸渡御 (催太鼓,地車,傘踊りなど) Osaka Tenjin Matsuri Festival “Rikutogyo”

船渡御

7月25日(木) 18:00〜21:00/大川

陸渡御を終えた一行が、船に乗り込んで水上パレードが始まります。

途中から奉納花火が始まるため、場所によっては色鮮やかな花火をバックに水上に浮かぶ船のパレードを見ることができます。


動画:【4K】天神祭 船渡御

奉納花火

7月25日(木) 19:30~20:50/大川

桜之宮公園と川崎公園の2箇所から打ち上げ花火があげられます。

例年、梅鉢のカタチになる「紅梅」という花火や、文字があらわれる仕掛け花火など個性的な花火も打ち上げられます。


動画:天神祭奉納花火 2018 オープニング&フィナーレ

奉納花火の穴場スポット

会場となっている桜之宮公園と川崎公園周辺は大変混雑しますので、早い時間から場所取りがはじまります。

混雑を避けたい方向けには、少し遠くはなりますが以下の穴場スポットがあります。

ただし、交通規制がはじまる18:00ごろから混雑しはじめますので、それくらいには現地にいるのがベストです。

藤田邸跡公園周辺

JR東西線「大阪城北詰駅」から徒歩4分くらいです。

OAPタワー周辺

JR東西線「大阪天満宮駅」から徒歩12分くらいです。

桜宮橋周辺

JR東西線「大阪城北詰駅」から徒歩8分くらいです。

都島橋周辺

JR大阪環状線「桜ノ宮駅」から徒歩7分くらいです。

川崎橋周辺

JR東西線「大阪城北詰駅」から徒歩8分くらいです。なお、川崎橋は18:00より通行止めとなりますのでご注意ください。

まとめ

今回は、天神祭りついてご紹介しました。

日本三大祭りに数えられるだけあって、陸渡御・船渡御などの伝統的な行事と華やかな花火が楽しめる素敵なお祭りだと思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。