川崎大師風鈴市2015年の日程は?風鈴を買うときの選び方や価格はどれくらい?


風鈴市
川崎大師で毎年行われる風鈴市は、日本中から集められた風鈴が大集合する、まさに風鈴の祭典です。風鈴の音って不思議なもんで、聞くだけでなんとなく涼し気な感じがしますよね。夏の暑さを和らげてくれるエコなアイテムですね。

風鈴市で販売される風鈴は、900種類・30,000個にもなりますので、お気に入りの風鈴が必ず見つかるはず!ということで、今回は、風鈴市の日程や風鈴の選び方・価格についてご紹介します。

スポンサーリンク

川崎大師風鈴市2015年の日程

風鈴市2015年の日程は以下のとおりです。祝日となる20日だけ、終了時間が異なりますのでご注意ください。

日程2015年7月17日(金)~21日(火)
時間10:00~18:00(20日は10:00~20:00)
会場川崎大師 境内特設会場
URL川崎大師 公式サイト

期間中は風鈴の露店販売だけでなく、例年「踊り練り込み」などのイベントも開催されています。

風鈴を買うときの選び方や価格はどれくらい?

風鈴の素材と音の違い

風鈴の音は、主に素材によって変わります。金属製は長く響き渡る音が特徴で、ガラス製は短く小気味よい音が特徴です。形状によっても音の鳴り方は変わるので、実際に会場で音を聴き比べると楽しいですよ。

金属製南部風鈴(岩手)、高岡風鈴(富山)など
ガラス製江戸風鈴(東京)、沖縄びーどろ風鈴(沖縄)など
陶器製笠間焼風鈴(茨城)、九谷焼風鈴(石川)など
竹製竹風鈴(京都)、竹炭風鈴(福島)など
水晶製水晶風鈴(山梨)など

個人的に一番好きなのが、鉄製の南部風鈴です。見た目はやや無骨な感じですが、心に染み入るような伸びのある音がします。私の実家にも飾ってあったので、この音を聞くと田舎の夏の風景が思い浮かぶんですよねぇ。

人気は「厄除だるま風鈴」

風鈴市で一番人気なのは、川崎大師オリジナルの「厄除だるま風鈴」。ガラスにダルマが描かれた何とも愛嬌があるデザインです。

風鈴市限定品なので、迷ったらとりあえずコレ!って感じですね。また、厄除だるま風鈴を購入すると、先着で名前を入れてくれるサービスも例年行われています。

風鈴の価格

風鈴の価格は、数百円~数万円まで結構ピンキリです。伝統工芸品である切子風鈴なんかはお高めですね。ちなみに、過去には時価100万円の18金製風鈴が出展されたこともあるんですよ。

さすがに風鈴にそこまでお金は出せないですが…、売れ筋はだいたい数千円のものみたいです。厄除だるま風鈴の価格もそれくらいですよ。

川崎大師へのアクセス

  • 【電車】京急川崎駅より大師線に乗り換え⇒川崎大師駅下車し徒歩8分
  • 【バス】JR川崎駅東口バス乗り場7番・川崎鶴見臨港バス[川23系統]大師行き⇒大師バス停下車し徒歩8分
  • まとめ

    今回は、風鈴市についてご紹介しました。風鈴を買わなくても、会場に行くだけで涼し気な気分が味わえるイベントだと思いますよ。

    ちなみに、川崎大師の名物は「久寿餅(くずもち)」です。川崎大師周辺の仲見世通りには、久寿餅のお店がたくさんありますので、店頭で食べても良いですしお土産にもピッタリです♪
    久寿餅

    スポンサーリンク

    コメントを残す