みたままつりの由来は?2019年の日程・開催時間は?靖国神社の境内いっぱいに提灯が掲げられる光の祭典!

みたままつり
靖国神社で毎年7月に行われる「みたままつり」は、毎年30万人の参拝者が訪れています。靖国神社というと、毎年のように首相の参拝問題が報道されてますね。

そのせいか敬遠されがちのような印象を受けるのですが、みたままつりに実際に行ってみると若い人が多い!

私は過去に2回ほど、みたままつりに行ってますが、華やかさと荘厳なムードが融合した魅力的なお祭りだと思います。

ということで、今回は、みたままつりについてご紹介します。

みたままつりの由来は?

英霊をお慰めする行事

みたままつりは、昭和22年から始まり今年で第69回となります。今では、東京の夏の風物詩として親しまれています。

御霊(みたま)とは、祖先の霊に対して尊敬の念をもっていう言葉。つまり、みたままつりは、靖国神社に祀られている英霊たちをお慰めする行事です。

その象徴となるのが境内を彩る提灯。英霊への感謝と平和を願って掲げられる提灯は、その数3万個以上にもなります。その様子から、みたままつりは「光の祭典」とも呼ばれています。

今年は露店もある

みたままつりで華やかさを演出していたのが、露店やお化け屋敷といった見世物小屋です。

2015年から諸事情で中止になっていましたが、2018年から露店が再開されました。

2019年も露店があるようなので、夏祭りの賑やかさを楽しめそうですね。

みたままつり2019年の日程・開催時間

みたままつり2019年の行事日程は以下のとおりです。

全日程で開催時間は夕方の午後6時から開始となってます。

7月13日(土) みたままつり前夜祭
7月14日(日) みたままつり第一夜祭
7月15日(月) みたままつり第二夜祭
7月16日(火) みたままつり第三夜祭

また、お祭り期間中の参拝時間は以下のとおりです。

本殿への正式参拝受付時間
7月13日~16日 午前9時~午後8時
(みたままつり期間中の社頭参拝は、午前6時から午後9時30分まで)

みたままつりの見どころ

みたままつりの見どころをいくつかピックアップしてみました。昨年度の祭りの様子が紹介されている動画と合わせてご覧下さい。

奉納行事

特別献華展、各種芸能などの奉納行事が予定されています。また、参道での盆踊りも予定されていて、一足早い夏気分を味わえます。


動画:Mitama Matsuri at Yasukuni Shrine ● みたままつり靖国神社

境内を彩る提灯

壁のように敷き詰められた提灯は、とっても幻想的です。以下の動画は昨年のものなので、提灯の下に露店が軒を連ねていますが、前述のとおり今年はナシの予定です。


動画:TOKYO.| みたままつり 靖國神社 | Mitama Festival 2017

青森ねぶた

東北三大祭りにも数えられる青森ねぶた祭り。みたままつりには、青森ねぶたでお馴染みの山車が登場します。提灯をバックに迫力ある山車の巡行が見れます。


動画:第70回平成28年みたままつり 青森ねぶた《東京ねぶた連合会》

靖国神社へのアクセス

  • JR中央線/総武線各駅停車「飯田橋駅(西口)」、「市ヶ谷駅」より徒歩10分
  • 東西線/半蔵門線/都営新宿線「九段下駅(出口1)」より徒歩5分
  • 有楽町線/南北線/都営新宿線「市ヶ谷駅(A4出口)」より徒歩10分
  • 東西線/有楽町線/南北線「飯田橋駅(A2出口、A5出口)」より徒歩10分

まとめ

今回は、みたままつりついてご紹介しました。

靖国神社には賛否両論様々な議論がありますが、個人的に一度は行っておきたい神社だと思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。