浅草寺ほおずき市の由来とは?2015年の日程・開催時間は?ほおずきの価格はおいくら?


ほおずき市
下町浅草の夏の風物詩といえば、「ほおずき市」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。毎年7月9日・10日になると、ほおずきの露店が浅草寺境内に並びます。ほおずきは風鈴とセットでも売っているので、露店から流れる風鈴の音が夏の到来を感じさせてくれます。

この時期、ほおずき市は全国各地で行われてますが、東京ではやはり浅草寺が一番有名ですね。毎年全国から多くの観光客が訪れています。

それにしても、何でほおずきを売ってるんでしょうねぇ?ほおずきは私の実家でも育てていたので、子供の頃、ほおずき笛にして遊んだ記憶はあるんですが、あんまり馴染みはない植物かも…。ということで、今回はそんな謎も含めて、浅草寺ほおずき市についてご紹介します。

スポンサーリンク

浅草寺ほおずき市の由来とは?

観音様の功徳日が由来

お寺には、功徳日というが縁日が毎月あって、その日に参拝すると普段より大きなご利益があるとされています。その中でも、7月10日は「千日詣り」と呼ばれて、千日分の参拝に相当するご利益があるとされてきました。

さらに、江戸時代の享保年間の頃から、7月10日は四万六千日分(約126年分)のご利益があると言われるようになりました。この驚異のご利益に前日から人々が殺到したため、7月9日と7月10日が四万六千日の縁日になったんです。

なんで「ほおずき」?

ほおずき市が四万六千日の縁日とあわせて行われるようになったのは、ほおずきが暑気払いの薬効があると言われていたためです。現在では、100店舗もの露店が浅草寺境内に並びます。

ただ、ほおずきには観賞用と食用があって、ほおずき市で売られているのは観賞用のものがほとんどみたいです。風鈴と一緒に観賞用として楽しみましょう。

浅草寺ほおずき市2015の日程・開催時間

浅草寺ほおずき市2015年の日程は以下のとおりです。

日程2015年7月9日(木)・7月10日(金)
時間本堂 午前6時~午後8時頃
ほおずき市 午前6時~午後9時頃
会場浅草寺周辺
URL浅草寺 公式サイト

終了時間はけっこう流動的で、予定時間を超えて遅くまでやってる露店もあります。ただ、最終日は、ほおずきが売り切れると店じまいしてしまうので、早めに行ったほうが良さそうです。

ほおずきの価格はおいくら?

ほおずきは、風鈴とセットの鉢植えタイプのものから、枝にほおずきが何個かついた「枝ほおずき」、竹ひごにほおずきが1個ついた「ひごほおずき」なども売ってます。価格は、どの露店でも基本的に同じで以下のとおりです。

鉢植え(風鈴セット)2,500円程度
枝ほおずき1,000円程度
ほおずき袋詰め500円程度
ひごほおずき50円程度

値引き交渉もできるみたいなのでチャレンジしてみるのもアリですね。また、鉢植えを持って帰るのが大変な方は、有料ですが宅配便で配達もしてくれますよ。

浅草寺へのアクセス

浅草寺には駐車場がありませんので、車で行く場合は周辺の駐車場を利用することになります。駅からは歩いて5分程度ですので、電車の方が行きやすいと思います。

  • 東武スカイツリーライン「浅草駅」より徒歩5分
  • 東京メトロ銀座線「浅草駅」より徒歩5分
  • つくばエクスプレス「浅草駅」より徒歩5分
  • 都営地下鉄浅草線「浅草駅」A4出口より徒歩5分
  • まとめ

    今回は、浅草寺ほおずき市についてご紹介しました。平日の開催となりますが、夜までやっているので仕事帰りに立ち寄ってみるのも良いと思いますよ。

    ちなみに、鉢植えのほおずきを買って育てる場合は、日あたりの良いところに置いて、こまめに水やりをしましょう。初心者でも育てやすい植物なのでグングン成長しますよ。

    スポンサーリンク

    コメントを残す