業務スーパーのリッチチーズケーキを食べてみた!アレンジでさらに美味しい!

リッチチーズケーキ
業務スーパーには美味しいスイーツがたくさんありますが、そのなかでもトップクラスに人気なのがリッチチーズケーキです。

チーズケーキを大量に食べるというのはある種の夢ですよね。

コスパが良い業務スーパーのリッチチーズケーキならその夢が叶いますよ!

ただし、食べ過ぎには注意しましょうw

リッチチーズケーキの原材料

リッチチーズケーキ
リッチチーズケーキの原材料は以下の通りです。

原材料
乳等を主要原料とする食品、クリームチーズケーキ、液全卵(鶏卵)、植物油脂、加糖練乳、粉末植物油脂、バターミルクパウダー、砂糖、食塩、乳たん白/安定剤(加工デンプン、キサンタン)、乳化剤、酸味料、ポリリン酸Na、甘味料(ソルビトール)、香料、(一部に卵・乳成分・大豆を含む)

リッチチーズケーキのカロリー・成分

リッチチーズケーキ
リッチチーズケーキのカロリー・成分は以下の通りです。

カロリー・栄養成分(100gあたり)
  • エネルギー:267kcal
  • たんぱく質:6.1g
  • 脂質:14.9g
  • 炭水化物:27.0g
  • 食塩相当量:0.5g

内容量が500gですので、上記の値は全量の1/5の値です。

リッチチーズケーキは美味しいのでついつい全部食べたくなるですが、全部食べたら1,335kcalですので食べ過ぎには注意しましょう。

ダイエットしてる人には向かないかな…。

リッチチーズケーキの値段

リッチチーズケーキ
リッチチーズケーキの値段は、内容量500gで348円(税抜)です。

普通にケーキ屋さんでチーズケーキを買ったら1切れ300円~500円とかしますよね。

業務スーパーのリッチチーズケーキは、見た目以上にボリュームがありますので、いかにコスパが高いかが分かります。

リッチチーズケーキ
ちなみに、賞味期限は1年近くあります。(私が購入したのが2019年6月25日で、賞味期限は2020年6月1日でした。)

リッチチーズケーキの食べ方

リッチチーズケーキ
リッチチーズケーキは、冷凍食品ですので、カチカチに凍ってます。

カットするときは、お湯につけて温めた包丁を使って、凍ったまま、もしくは半解凍の状態でカットすると綺麗に仕上がります。

完全に溶けてからカットすると、柔らかくてカットしにくくなります。

私は、まず買ってきたら適当な大きさに切って、ジップロックなどで入れて冷凍保存します。

そこから食べる分だけを解凍します。

たまに全部一気に食べたくなる衝動に駆られますが、カロリーがえらいことになるので我慢してますw

リッチチーズケーキの味

リッチチーズケーキの口当たりは滑らかで美味しいのですが、私は半解凍でシャーベット状になったのが好きです。

そうすると滑らかさとシャリシャリ感があわさって、さらに楽しめると思います。

味は結構甘いです。酸味より甘みが際立っている感じ。

あんまり食べ過ぎると胃が持たれますので、1/5~1/6くらいに切って食べるのが適量だと思います。

リッチチーズケーキのアレンジ

普通に食べるのに飽きたらアレンジしちゃいましょう。

SNSを検索するとリッチチーズケーキファンがたくさんいらっしゃるようで、アレンジレシピもたくさん紹介されています。

そのなかでもはや定番?になっているアレンジを実際にやってみました。

ジャムをつける

リッチチーズケーキ
ブルーベリーのジャムをつけてみました。

甘ったるくなる危険性もあるのですが、ブルーベリーの爽やかな風味が加わって美味しいです。

業務スーパーはジャムも豊富にあるので、リッチチーズケーキとあわせて買うのもアリです。

焼く

リッチチーズケーキ
オーブンレンジで10分ほど焼いてみました。

表面にほんのり焼き色が付くくらい。

トロトロあつあつで一味違った食感が味わえます。

ビスケットにのせる

リッチチーズケーキ
ビスケットにのせてみました。サンドしてもOK。

ビスケットとの相性は抜群で、高級なお菓子に変わります。

トーストにぬる

リッチチーズケーキ
トーストにぬってみました。

ぬったままトーストしても美味しいと思います。

まとめ

  • 業務スーパーのリッチチーズケーキはコスパが高い(内容量500gで税抜348円)
  • カロリーは高めなので食べ過ぎに注意
  • アレンジレシピも楽しめる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。