ギターからドラムに転向して良かったこと・悪かったこと


私は、高校生のころからギターをメインで練習してましたが、ある時期からドラムもはじめて、そっちのほうが面白くなって、事実上転向したことがあります。

今では両方やってますが、楽器としてはドラムのほうが好きかもしれません。

どっちをやるか迷っている方もいるかもしれませんので、今回は私がギターからドラムに転向して良かったこと・悪かったことをご紹介します。

良かったこと

すぐ音が出る

ギターは、最初のハードルが高いと思います。

ある程度練習しないと、ちゃんとした音すら出ません。

一方で、ドラムは叩くという原始的な楽器なので、すぐ音が出ます。

当然ながらドラムも奥が深いので、突き詰めていくとすごい難しいのですが、最初はドラムのほうがとっつきやすいと思います。

それと音楽理論の勉強という意味でも、ギターのようなメロディ楽器のほうがハードルが高いと感じます。

ドラムのようなリズム楽器は、基本的なリズムパターンを覚えれば、それっぽくなります。

需要が高い

バンドを組むときによくあるのが、ギターをやりたいという人が大量にいるということです。

私は、ギターが3人いるというバンドをやったこともありますw

一方で、一番人口が少ないのが、ドラムだと思います。

なので、バンドを組むときに需要が高くて、重宝がられます。

私はドラムをやっていることが認知されて、「バンドやらない?」と誘われる頻度が高くなりました。

運動になる

ドラムを演奏すると、すごく疲れます。

運動の負荷を表すメッツという指標がありますが、ドラム演奏はこんな感じ。

活動内容 メッツ
通常歩行 3.0
速歩、ドラム 4.0
ジョギング、水泳 7.0

ドラム演奏は、ウォーキングより負荷が高いということになります。

曲のジャンルにもよるのですが、テンポが速い激しいロックやメタルを演奏すると、汗だくになります。

特に初心者のころは、無駄な動きが多いので、疲労度はより高くなります。

ドラム演奏は有酸素運動になると思いますが、筋肉もつくし定期的にやればダイエットにもなりますね。

悪かったこと

練習場所を確保しにくい

ドラムを家で練習するのは、すごい難しいです。

一番理想なのが、ドラムセットを置ける防音設備がある家ですが、そんな恵まれた環境はまず無理でしょう。

そうなるとドラムの練習は、以下のどれかになると思います。

  • 家で練習パッド(もしくは布団とか…)を叩く
  • 家で電子ドラム(エレドラ)
  • スタジオで個人練習
  • ドラムスクールに通う

電子ドラムは、私も一時期持っていたことがありますが、普通にうるさいですw近所から苦情が来たこともありました。

それと、電子ドラムでも練習にはなるのですが、ライブで生ドラムを叩くのであれば、生ドラムでも練習しないと細かい感覚が掴めません。

ということで、家で好きなだけ練習できるギターに比べると、ドラムは練習場所を確保しにくいです。

練習するのにお金がかかる

ドラムは、スタジオで個人練習してる人が多いと思います。

スタジオにもライブハウスにも、必ずと言っていいほどドラムは置いてありますからね。

個人練習の料金は500円/1時間くらいなので、2時間練習したとして1,000円。

週1回としても、月に4,000円くらいかかります。

ただ、スタジオで練習する前提であれば、スティックさえ買えばいいので、初期費用はすごい安いです。

ドラムは、練習のためのランニング費用がかかってしまうというイメージですね。

バンドを組まないと物足りない

ドラムは1人で演奏していても面白いのですが、私は少し物足りなく感じました。

ほかの楽器とあわせて演奏するほうが、楽しいと思うからです。

ってことで、バンドを組みたくなる人が多いと思います。

バンドを組むと、さらに高頻度でスタジオに行くことになるのでお金がかかります。

あとは、楽しい半面、いろいろと面倒くさいこともあります。人間関係とか…。

ただ、最近は「弾いてみた」「叩いてみた」などの動画をYoutubeやニコニコ動画に投稿するという手もあります。

こういうところで、テクニックを披露する楽しみ方もありますね。

まとめ

結局のところ、ギターもドラムもそれぞれに良さがあるので、両方やってみたほうが良いと思うんですよね。

電子ドラムを試打できる楽器屋はたくさんあるので、はじめの一歩としてはそれが一番手軽かも。

ちなみに、私はドラムに転向したときにギターは何本か売っちゃいましたね。

前述の通り、ドラムは練習費用がかかるので、その元手にしましたw

ギターを高く売るならどこがいい?実際に売ってみてわかったこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。