電車の走行音がうるさい!賃貸物件でできる窓の防音対策をやってみた!


騒音
私が今住んでいるマンションは、騒音が結構ヒドイです。特に立地が線路沿いということもあって、電車の走行音がうるさいんですよ。

家賃が安いので値段相応な感じはしますが、できれば防音したいと思ってチャレンジしてみました。

スポンサーリンク

我が家の状況

路線に隣接しているマンション

現在の我が家は鉄筋コンクリート造のマンションで、ベランダ側が線路に隣接しているので窓側から電車の走行音が低音でビンビンに伝わってきます。駅には近くていいんですけどねぇ。

窓は二重窓

我が家のベランダは既に二重窓になっているので、窓を閉めると音は半減します。ただ、朝5時~深夜1時くらいまで電車が絶え間なく走り続けるので、どうしても音が気になっちゃいます。

対策内容を検討

考えられる選択肢

我が家の環境だと窓から音が入ってきていると思うので、窓にできる防音対策として何が考えられるかを調べてみました。

隙間テープ

サッシに貼り付けて窓の隙間を埋めるテープ。100均でも売ってるので一番手軽。すきま風の防止にもなります。

防音カーテン

防音性が高い素材が使われているカーテン。価格は普通のカーテンよりも高めです。

吸音ボード・遮音シート

グラスウールなどの吸音性が高い素材を使ったボード。遮音シートとセットで使うと効果アップします。ただ、窓に設置するとなると開閉ができなくなるのが難点ですね。

二重窓

賃貸だと工事とかが入るのでやりにくいかも。我が家はすでに二重窓になっているので今回は除外します。

今回実施した対策

今回やってみたのは「隙間テープ」「防音カーテン」です。一番手軽にできそうな2つを選んでみました。賃貸物件でそんなに大がかりなことはできないので、とりあえず手軽そうなやつからやってみようと思います。

実際に防音対策してみよう!

隙間テープを貼り付け

隙間テープ
二重窓の内側の窓に設置しました。今回使用したのは「ニトムズ すきまテープ(幅15mm・厚み10mm)」です。サッシにあわせて2列で貼り付けました。

ちなみに外側の窓にも仮でテープを張ってみましたが、すでに密閉度が高かったためか窓が開かなくなったので取り外しました。テープを張り付けた後は、しばらく置いて窓がきちんと開くかをテストしたほうが良いと思います。

防音カーテンを設置

防音カーテン
防音カーテンにもいろいろありますが、今回は防音グッズ専門店の「ピアリング」さんで購入しました。

その中で人気が高かった「コーズ」という商品を選びました。このほかに「サウンドガード」という上位商品もありましたが、価格が高くて手が出ませんでしたよ…。

表面がワッフルみたいな形状になっていて普通のカーテンより厚めですね。ヒダがないフラットタイプで見た目はスッキリしてます。

効果はどんな感じ?

劇的には変わらない

肝心の効果はというと、電車の走行音が多少遠くから音が聞こえるようになった感じはしますが劇的には変わらないですね。やらないよりはマシという感じです。我が家は既に二重窓なので、ある程度の防音はできていたのかもしれません。

ただ、室内の声は反響しなくなった気がします。また、防音カーテンは遮光性が高いので閉めると昼間でも部屋はかなり暗くなります。この点は暗がり好きの私には嬉しいw

低音を対策するのは難しい

電車の走行音は、地鳴りのするような低音域なので防音するのが難しいみたいですね。この点は「コーズ」の仕様にも記載されてました。
コーズ

今後の課題

通気口から音が入ってくる

通気口
窓の隣に通気口があるのですが、ここから音が入り込んでくる気がします。通気口からは花粉やニオイも入ってくるので、フィルター的なものも含めて対策したいですね。

玄関から音が回り込んでくる

私の部屋はワンルームなのですが、玄関のドアからも電車の走行音が聞こえます。このドアが金属製で音がビンビンに響くんですよねぇ。

隣の人もうるさい…

最近、隣の部屋に新しい住人の方が引っ越してきたのですが、めちゃくちゃうるさい…。夜中でも床をドンドンしたり大声で歌う声が聞こえたりします。

電車の走行音は数か月すれば慣れるという話をよく聞きますが、隣人の騒音はどうなんでしょうね。最悪、壁にも対策が必要?

まとめ

ということで、あまり劇的な効果は得られませんでしたが、やっぱり防音ってのは難しいですな。素人が付け焼刃でやっても効果は薄くて、それなりにお金をかけて複合的に対策をやんないとダメって感じがしました。まぁ、今回はとりあえず第一弾って感じで、できることをコツコツやっていこうと思います。

また、別のアプローチとして、単純に音を聞こえないようにしたい!というのであれば、費用対効果が高いのは耳栓やイヤーマフだと思います。


スポンサーリンク

コメントを残す