さっぽろ雪まつり2016年の日程や見どころは?旭山動物園や流氷見学の観光ツアーもオススメ!


さっぽろ雪まつり
さっぽろ雪まつりは、毎年2月に行われる冬の風物詩となっている人気イベントです。今年で67回目を迎え、毎年200万人を超える観光客が訪れます。

ということで、今回はさっぽろ雪まつり2016年の日程・見どころと、あわせて楽しみたい観光地をご紹介します。


スポンサーリンク

さっぽろ雪まつり2016年の日程は?

さっぽろ雪まつり2016年の日程は会場によって異なります。メインとなる大通・すすきの会場に雪像が飾られて、つどーむ会場はすべり台やスノーモービルなどの雪遊びができます。

日程
  • 大通・すすきの会場:2016年2月5日(金)~2月11日(木)
  • つどーむ会場:2016年2月5日(金)~2月18日(木)
  • 場所
  • 大通会場:大通公園 西1丁目~西12丁目
  • つどーむ会場:札幌市スポーツ交流施設コミュニティドーム
  • すすきの会場:南4条通りから南7条通りまでの西4丁目線(駅前通)市道
  • URLさっぽろ雪まつり 公式サイト

    さっぽろ雪まつり2016年の見どころは?

    大通会場

    大通会場は、さっぽろ雪まつりのメイン会場です。高さ15mにもなる巨大な雪氷像をはじめとして、100個を超える雪氷像が立ち並びます。夜間の17時30分〜22時までは雪像に映像を投影する「プロジェクションマッピング」も行われます。

    すすきの会場

    すすきの会場は、氷像をテーマにした会場です。約60個の氷像が立ち並び、触れたり・乗れる氷像も展示されています。

    つどーむ会場

    つどーむ会場は、雪のアトラクションをテーマにした会場です。「チューブスライダー」「氷のすべり台」をはじめとして子供はもちろんのこと大人も楽しめるアトラクションが多数あります。

    雪像・氷像解体

    もうひとつの楽しみとして意外と人気なのが雪像・氷像の解体作業です。終了日翌日の早朝から順次解体されのですが、ショベルカーなどの重機で解体されるその様子は見ていてスッキリします。

    あわせて楽しみたい観光ツアー

    旭山動物園

    旭山動物園
    北海道旭川市にある日本最北の動物園です。動物たちの生き生きとした動きを見せる「行動展示」を導入したことでも有名です。ペンギンがトコトコと散歩している姿はテレビでもよく取り上げられてますね。ほかにもシロクマ、アザラシ、レッサーパンダなどいろんな動物たちを見ることができます。

    スキー

    スキー
    北海道の冬といえばやっぱりスキーですよね。私も何度か北海道のスキー場に行ったことがありますがスケールが大きくてビックリしました。札幌市内でもスキー場はたくさんありますが、私が行ったのは「ニセコマウンテンリゾート グラン・ヒラフ」というパウダースノーで有名なスキー場です。さっぽろ雪まつりとのツアーもよく組まれているのでオススメですよ。

    流氷見学

    流氷見学
    網走から出ている流氷観光砕氷船「おーろら」も北海道の冬の醍醐味になってます。こちらもさっぽろ雪まつりとのツアーがよく組まれています。

    まとめ

    今回は、さっぽろ雪まつりついてご紹介しました。やっぱりせっかく北海道に行くなら、ほかの観光地も含めてツアーを組むのがオススメです。

    ちなみに、2月の札幌の平均気温は-3℃と激寒ですので防寒対策はしっかりしましょう。特にフードや耳あて、手袋は必需品ですよ!

    また、路面が凍結して滑りやすくなっていることがあります。滑って転倒しないようにするには歩幅を狭くスリ足で歩くのがコツですが、靴に滑り止めをつけるのもアリですね。


    スポンサーリンク

    コメントを残す