ひろしまドリミネーションでおとぎの国を体験!2015年の開催期間・点灯時間は?開催場所はどこ?


ひろしまドリミネーション
広島の冬の風物詩になっている「ひろしまドリミネーション」は、「おとぎの国」をコンセプトにしたイルミネーションです。開催期間中は、県外からの観光客も多くなるそうですよ。

童話や昔話をテーマにしたオブジェが多数飾られますので、お子さんと一緒に行ったら楽しい思い出になると思います。今回は、そんな「ひろしまドリミネーション」についてご紹介します。


スポンサーリンク

ひろしまドリミネーションとは?

ひろしまドリミネーションの歴史

「ひろしまドリミネーション」は、1988年の「ひろしまライトアップ事業」で商店街を中心に小規模なイルミネーションから始まりました。1999年に規模が拡大され平和大通りでもイルミネーションが開始されました。

2002年には大幅に事業費を増額、「ひろしまドリミネーション」というイベント名称に変更され、今現在の「おとぎの国」をコンセプトにしたユニークなイルミネーションイベントとして定着しました。

イルミネーションの様子

論より証拠で、「ひろしまドリミネーション」の様子を映像でご覧ください。以下は、メイン会場である平和大通りの映像です。

開催期間・点灯時間は?

「ひろしまドリミネーション」の開催期間は、毎年11月17日~翌年1月3日までの48日間となっています。初日の11月17日にはオープニングイベントが予定されています。

開催期間2015年11月17日(火)~2016年1月3日(日)
点灯時間17:30~22:30
URLひろしまドリミネーション2015 公式サイト

開催場所はどこ?

「ひろしまドリミネーション」の会場はいくつかありますが、メインとなるのは平和大通りです。平和大通りでは10個を超えるブロックに分かれていて、いろんなテーマのオブジェが飾られています。平和大通り以外にも、商店街やアリスガーデン・基町クレドなどの施設も会場になっています。

  • 平和大通り南北緑地帯(平和大橋西詰め~田中町交差点 )
  • 並木通り・金座街・中央通・本通・中の棚の各商店街
  • アリスガーデン・東新天地公共広場・京橋川右岸の公共空間
  • 基町クレド・紙屋町シャレオ、広島県立総合体育館などの施設

各会場の詳細は、公式サイトもあわせて参照ください。

白馬に乗って鑑賞できる!

「ひろしまドリミネーション」は、白馬に乗って鑑賞することもできます。運行日・時間が限定されているので、毎年チケットは予約で売り切れになってるみたいですが、これはいい思い出になりますよね。

詳細は、運営元である「Hippo mobile」の公式ブログを参照ください。

関連リンク:Hippo mobile 公式ブログ

まとめ

今回は、「ひろしまドリミネーション」についてご紹介しました。やっぱりクリスマス時期はカップルや家族連れで混雑します。付近にはコインパーキングが多数ありますが、満車になる可能性がありますので時間に余裕をもって向かうようにしましょう。


スポンサーリンク

コメントを残す