花まつりの由来は?お釈迦様の像に甘茶をかけるのはなぜ?


花まつり
みなさんは、4月8日の「花まつり」をご存知でしょうか?もしかしたら、あまり馴染みがない方もいらっしゃるかもしれませんね。

かく言う私も、そこまで詳しいわけではないのですが、以前、お坊さんが家にいらしたときに「花まつり」のことを説明してくださって、そこで知りました。今回は、この「花まつり」についてご紹介したいと思います。


スポンサーリンク

「花まつり」はお釈迦様が誕生した日

4月8日の「花まつり」は、お釈迦様が誕生した日であり、それをお祝いする日です。

「花まつり」に何をするかは後述するとして、ここではお釈迦様が誕生したときの話をご紹介したいと思います。おそらく、聞いたことがある言葉がいくつか出てくると思いますよ。

お釈迦様の誕生秘話

お釈迦様は、紀元前7世紀~紀元前5世紀頃に、インド北方の小国であるシャーキャで誕生されました。父親はシャーキャ国王であるシュッドーダナ、母親はその妃であるマーヤー。

マーヤー夫人はお釈迦様を懐妊される前に、不思議な夢を見ます。その夢は、6本牙の白い象がマーヤー夫人のお腹に入っていくというものでした。これが、お釈迦さまの誕生を予言したと夢と言われています。

マーヤー夫人は、出産のために故郷であるコーリヤ国へ里帰りします。その旅の途中、ルンビニー園というところで休息をしていたときにお釈迦様が誕生しました。

お釈迦様が誕生したとき、すぐに7歩あるいて立ち止まり、右手で天を左手で地を指差し「天上天下唯我独尊」と言ったとされています。この言葉は有名ですよね。「花まつり」でよく見るお釈迦様の像も、このときのポーズをしています。

天上天下唯我独尊の意味

「天上天下唯我独尊」という言葉は、字ズラだけ見るとちょっと傲慢な印象を受けますが、本来は、人間の個を尊重する意味であって「人間ひとりひとりには使命があって、それぞれかけがえのない存在である」と理解するのが一般的だと思います。

「花まつり」の名前の由来

たくさんの草花を飾ってお祝いする花まつり

「花まつり」は、寺院では「灌仏会」(かんぶつえ)や「仏生会」(ぶっしょうえ)とも呼ばれているようですが、日本では4月8日はちょうど桜が満開になることから「花まつり」という親しみやすい名前で広まったようです。

また、お釈迦様が誕生したルンビニー園では、誕生を祝福するように、たくさんの草花が咲いていたと言われています。

この様子を再現するように、4月8日には、草花で飾った花御堂(はなみどう)の中にお釈迦様の像を安置してお祝いします。この様子からも、「花まつり」という名前がピッタリですね。

花まつりの別名

ちなみに、「花まつり」には、上記の他にもいくつか呼び方があります。

  • 灌仏会(かんぶつえ)
  • 仏生会(ぶっしょうえ)
  • 降誕会(ごうたんえ)
  • 浴仏会(よくぶつえ)
  • 龍華会(りゅうげえ)
  • 花会式(はなえしき)

お釈迦様の像に甘茶をかけるのはなぜ?

花まつり

「花まつり」では、お釈迦様の像に甘茶をかけてお祝いします。

これは、お釈迦様が誕生した時、産湯を使わせるため、天に九匹の龍が現れ甘露の雨を降り注いだということに由来しています。

当初は五種類の香水(五色水)をかけていたそうですが、江戸時代以降は甘茶をかけるようになったんだそうです。

まとめ

今回は、「花まつり」についてご紹介しました。

ちょっと、とっつきにくい用語が出てきたかもしれませんが、要するにお釈迦様の誕生を綺麗なお花を飾ってお祝いしようという日です。

「花まつり」にあわせていろんなイベントをやっているお寺さんもありますので、ぜひお近くにあれば行ってみてはいかがでしょうか?


スポンサーリンク

コメントを残す