お月見の由来は?期間はいつ?団子とススキをお供えするのはなぜ?


お月見
夏も終わり徐々に涼しくなってきました。秋といえば「収穫の秋」ってことで、豊作を祝う行事がたくさんあります。

お馴染みの「お月見」もその一つです。今回は、お月見の由来や期間、またなんとなく気になる団子やススキをお供えする理由についてもご紹介します。


スポンサーリンク

お月見の由来は?

中国の中秋節が起源

中国には中秋節といって、旧暦8月15日(中秋)に月餅・瓜・果物などを食べながら月を鑑賞するという風習です。旧暦8月15日の夜のことを「十五夜(じゅうごや)」と呼びます。また、その夜の月を「中秋の名月(ちゅうしゅうのめいげつ)」と呼び、綺麗な満月になることが多いです。

この中秋節の風習が、奈良~平安時代に日本に伝わり、秋の収穫を祝う行事として定着していったと言われています。

古くからある月を鑑賞する風習

単純に月を鑑賞するという風習は、日本にも縄文時代頃からあったと言われています。やはり夜に輝く月には神秘的な雰囲気がありますもんね。

期間はいつ?

十五夜・十三夜・十日夜の3月見とは?

お月見といえば「十五夜」という印象が強いと思いますが、実は「十三夜」「十日夜」も合わせて、合計3つのお月見があります。この3つのお月見の日が晴れると縁起が良いと言われています。

まず、「十五夜」は一番有名な旧暦8月15日のお月見で、里芋などのイモ類を供えていたことから「芋名月」とも呼ばれています。

そして、「十三夜(じゅうさんや)」は十五夜に次いで美しいとされる旧暦9月13日のお月見で、栗や枝豆を供えていたことから「栗名月」「豆名月」とも呼ばれています。

最後に、「十日夜(とおかんや)」は旧暦10月10日のお月見&収穫祭で、東日本を中心に行われています。この日は満月ではなく、どちらかというと収穫祭がメインで、かかしにお供えものをする地域もあります。

2015年のお月見はいつ?

お月見は旧暦をベースとした行事なので、新暦になおすと毎年日付が異なります。2015年の日付は以下のとおりで、ちょうど土日になっていますね。

2015年の日付旧暦の日付
十五夜9月27日(日)8月15日
十三夜10月25日(日)9月13日
十日夜11月21日(土)10月10日

団子とススキをお供えするのはなぜ?

団子

月に似ている丸い団子

お月見といえば、団子をお供えする印象が強いですよね。もともとは里芋などのイモ類を供えていたのですが、その後、ちょうど形が月に似ているということで団子をお供えするようになったそうです。

なんでピラミッド型?

お月見の団子って、なぜかピラミッド型に積んでありますよね。これは、ピラミッドの先端が「霊界」に通じると考えられていたからで、収穫の感謝の気持ちをより伝えれるようにと願った形なんです。

ススキはどいういう意味?

団子とともにお供えするのがススキです。これは、ススキが魔除けの効果があるとされていたためです。また、ススキは稲穂に形が似ているので、単純に稲穂の代わりにお供えされるようになったとも言われています。

まとめ

今回は、お月見についてご紹介しました。こういう行事ってなんとなく忘れがちになっちゃいますが、いつまでも大切にしていきたいですね。当日は晴れることを願って、秋の夜長にゆったりお月見を楽しみましょう!


スポンサーリンク

コメントを残す