エイプリルフールの由来は?なんで嘘をついても良い日になったの?


エイプリルフール
4月1日は、エイプリルフールです。嘘をついても良い日とされていますね。

私の楽しみ方は、毎年、いろんな企業のwebサイトで嘘企画が公開されるので、それを見つけて笑ってます。なかには、一瞬、ホントなんじゃないか?と騙されそうになるくらい手が込んだものもあるんですよ。

今回は、そんなエイプリルフールがなんで始まったかを調べてみました。


スポンサーリンク

エイプリルフールの意味

エイプリルフールは、毎年4月1日には嘘をついてもよいという風習のことですが、一部の欧米の国では午前中限定で、午後にはネタばらしをするという風習もあるそうです。

日本だと、4月1日は一日中、嘘ついてもOK!という認識が強い気がします。

ところで、エイプリルフールを日本語に直訳すると、「四月馬鹿」ですよね。

もともと、英語では、エイプリルフールの日を「April Fools’ Day」、エイプリルフールで騙された人を「April Fool」と言います。

また、フランス語では、「四月の魚」という意味の「Poisson d’avril(プワソン・ダヴリル)」と言います。これは、「4月はたくさん魚が捕れるのに、4月はうお座の月ではない」ということに由来するんだそうです。

エイプリルフールの由来

エイプリルフールの由来は、諸説あるようで厳密には分かっていないようです。代表的な由来は、以下のとおり。

フランスの「嘘の新年」に由来する説

1564年にフランスのシャルル9世が、それまで4月1日を新年としていた暦を廃止し、1月1日を新年とするグレゴリオ暦を採用したそうです。

慣れ親しんだ暦を廃止されたことに反発した市民が、4月1日を「嘘の新年」として、ウソのパーティー招待状やプレゼントをしたことが、エイプリルフールの由来になっているというのがこの説。

ちなみに、この話には続きがあって、「嘘の新年」を良く思わなかったシャルル9世が、次々と関係した人々を処刑してしまいます。

処刑された人の中には、13歳だった少女もいて、これにショックをうけたフランスの人々は、この出来事を忘れないためにも4月1日を「嘘の新年」としてより盛大に祝うようになったことで、エイプリルフールが各地に広まったと言われています。

また、処刑された13歳の少女に哀悼の意を表して、1564年から13年ごとに「嘘の嘘の新年」という日をつくって、この日は一日中嘘をついてはいけないという風習もあったそうです。

インドの仏教修行に由来する説

インドの仏教徒たちは、春分から3月末まで悟りの修行を行っていましたが、修行期間が終わる4月1日には迷いに満ちた現実に戻ってしまうことをからかって、それを「揶揄節」と呼んだことが由来になっているという説。

まとめ

今回は、エイプリルフールについてご紹介しました。

エイプリルフールは、嘘をついても良い日とされてますが、身近な人同士で派手な嘘をつきあうと、ちょっと関係が悪くなってしまうこともあるので、ほどほどに。あくまで、その日限定で笑えるレベルの嘘をつくのがエチケットですよね。


スポンサーリンク

コメントを残す