なにわ淀川花火大会2015年の日程・開始時間は?有料席はある?穴場スポットはどこ?


なにわ淀川花火大会
なにわ淀川花火大会は、大阪の淀川周辺で行われる花火大会です。今年で27回目を迎え、毎年約60万人の観光客が訪れます。

なにわ淀川花火大会は地元ボランティアにより運営されていて「手作りの花火大会」と言われていますが、打ち上げ数は比較的多く、今や大阪の夏の風物詩となっています。ということで、今回は、なにわ淀川花火大会の日程・有料席情報・穴場スポット情報をご紹介します。


スポンサーリンク

なにわ淀川花火大会2015年の日程・開始時間

なにわ淀川花火大会2015年の日程・開始時間などの基本情報は、以下のとおりです。打ち上げ数は非公開となっていますが、10,000~20,000発とも言われています。

日程2015年8月8日(土)
時間19:50~20:40
会場新御堂筋淀川鉄橋より下流国道2号線までの淀川河川敷
打ち上げ数非公開
雨天雨天決行(順延の予定はなし)
URLなにわ淀川花火大会 公式サイト

どんな花火があがるの?

なにわ淀川花火大会は打ち上げ数が多いので全体的に迫力ある花火が楽しめますが、なかでも縦横無尽に花火が夜空を舞う「フラワーサーカス」、水面付近に半月状に広がる「水中花火」が見ものです。また、今年は17年ぶりに復活する「10号玉」がオープニングから打ち上げられる予定です。

参考までに2013年度の花火大会の様子をご覧ください。

花火観覧の有料席

なにわ淀川花火大会の有料席(協賛席)は、いくつかのバリエーションで用意されていて、2015年6月1日(月)から販売されています。

なにわ淀川花火大会

協賛席は、打ち上げ場所の目の前にありますので、水面近くに打ちあがる花火もバッチリ見ることができます。購入方法などの詳細は、公式サイトをご確認ください。

花火観覧の穴場スポット

メイン会場となる淀川河川敷は、大変混雑が予想されます。混雑を避けたい人向けに、少し離れた以下の穴場スポットをご紹介します。

本庄公園

打ち上げ会場から東側に位置する公園です。会場から少し距離があるため、それほど混雑しないスポットになってます。

中津公園付近の河川敷

中津公園付近の河川敷では、例年、屋台もでていますので花火とあわせて楽しめます。

海老江地区野球場

打ち上げ会場からも近くて迫力ある花火が楽しめます。今ではかなり有名になったスポットです。

日本ペイントビル周辺

こちらも打ち上げ会場から近いです。海老江地区野球場とも近いので、第二候補として考えておくのも良いと思います。

まとめ

今回は、なにわ淀川花火大会ついてご紹介しました。2014年は台風の影響で中止になっちゃいましたから、今年は盛り上がること間違いなしだと思います。なお、この季節になると熱中症になる方が増えてきますので、体調管理や対策をしっかりして花火を楽しみましょう!


スポンサーリンク

コメントを残す