神奈川新聞花火大会2015年の日程・開始時間は?有料席はある?穴場スポットはどこ?


神奈川新聞花火大会
神奈川新聞花火大会は、横浜みなとみらい21で行われる花火大会です。今年で30回目を迎え、毎年約20万人の観光客が訪れます。

横浜みなとみらい21は夜景スポットとしても有名ですが、花火大会の当日はより一層美しい夜景が楽しめますよ!今回は、そんな神奈川新聞花火大会の日程・有料席情報・穴場スポット情報をご紹介します。


スポンサーリンク

神奈川新聞花火大会2015年の日程・開始時間

神奈川新聞花火大会2015年の日程・開始時間などの基本情報は、以下のとおりです。

日程2015年8月4日(火)
時間19:00~20:15
会場神奈川県横浜市西区みなとみらい21地区 臨港パーク前面海上
打ち上げ数約1万5000発
雨天雨天決行(荒天の場合は翌日に順延)
URL神奈川新聞社 公式サイト

どんな花火があがるの?

神奈川新聞花火大会は2部構成になっています。1部は市民協賛の「大スターマイン」が見どころで、2部は音楽とコラボしたエンターテイメント性があるショーが行われます。

花火観覧の有料席

神奈川新聞花火大会の有料席は、「花火協賛席」「花火鑑賞席」の2種類があります。

花火協賛席

  • 座席タイプ:イス席、価格:7,200円/1口
  • 場所は、耐震バース会場と臨港パーク会場の2会場から選べます。イス席で飲み物・お菓子が付いています。協賛席は、専用サイトから購入できますが、競争率が高くて売り切れ必至です。

    花火鑑賞席

  • 座席タイプ:芝生席、価格:2,600円(大人)、500円(子供)
  • 場所は、臨海パーク・カップヌードルミュージアムパークの芝生となります。鑑賞席は、チケットぴあで購入できます。

    関連リンク:チケットぴあ

    花火観覧の穴場スポット

    神奈川新聞花火大会は、海上で打ち上がるので観覧できるスポットはたくさんあります。その中でおすすめのスポットをご紹介します。

    ポートサイド公園

    芝生がたくさんある海沿いの公園です。少し早めに行けば芝生に座ってゆったり花火観覧できます。

    横浜ランドマークタワー(スカイガーデン)

    横浜ランドマークタワーの69F展望フロア「スカイガーデン」は、花火と夜景を見下ろす絶景が楽しめます。

    野毛山公園

    打ち上げ会場から少し距離がありますが、高台になっている展望台からは花火がよく見えます。園内には入場無料の動物園もあります。

    港の見える丘公園

    こちらも打ち上げ会場から少し距離がありますが、高台になっているので花火が十分に見えます。もともと夜景の人気スポットとになっています。

    まとめ

    今回は、神奈川新聞花火大会ついてご紹介しました。会場となっている横浜みなとみらい21周辺は、「横浜コスモワールド」「横浜ランドマークタワー」「赤レンガ倉庫」など観光スポットもたくさんありますので、花火大会とあわせて訪れてみるのもアリですね。


    スポンサーリンク

    コメントを残す