熱海海上花火大会2015年の日程・開始時間は?有料席はある?穴場スポットはどこ?


熱海海上花火大会
温泉地として有名な熱海ですが、熱海海上花火大会が開催されることでも有名です。その名のとおり、海上から打ち上げられる迫力ある花火大会ですね。

この花火大会は一年を通して開催されるのが特徴ですが、特に夏期は開催日程も多くて盛大に行われます。今回は、花火大会の日程・有料席情報・穴場スポット情報をご紹介します。

スポンサーリンク

熱海海上花火大会2015年の日程・開始時間

春季

日程4/4(土)・5/9(土)
時間20:20~20:45
打ち上げ数約3,000発

夏季

日程7/26(日)・7/30(木)・8/5(水)・8/7(金)・8/17(月)・8/23(日)・8/28(金)
時間20:20~20:45
打ち上げ数約5,000発

秋季

日程9/26(土)・10/12(月)
時間20:20~20:45
打ち上げ数約3,000発

冬季

日程12/6(日)・12/13(日)・12/23(水)
時間20:20~20:45
打ち上げ数約3,000発

どんな花火があがるの?

昭和記念公園花火大会の打ち上げ数は3,000~5,000発と中規模ですが、間断なく打ち上げられる花火は迫力満点です。さらに、1,000mにもわたるフィナーレの大空中ナイアガラは必見!具体的にどんな感じかは、以下の昨年度・夏期の動画をご覧下さい。

花火観覧の有料席

夏季の花火大会に限り、以下の有料観覧席が用意されています。

金額前売り900円/枚 当日1,000円/枚
定員1,600名
場所親水公園レインボーデッキ(第2工区)の一部

チケットは、6月1日より全国のセブンイレブンマルチコピー機及び、熱海市観光協会窓口にて前売り販売されます。セブンチケットのwebサイトからも予約できますので、気になる方はまず空席情報をチェックしてみてください。

関連リンク:セブンチケット

花火観覧の穴場スポット

打ち上げ会場は熱海湾となりますので、サンビーチ海水浴場から熱海港までの海岸線一帯が観覧スポットとなります。有料席以外で、比較的観覧しやすい穴場スポットを以下にご紹介します。

熱海城

観光スポットとしても知られている熱海城は、天守閣展望台から熱海市街を一望できます。普段は17:00で閉館するのですが、花火の日は21:00まで営業しています。入園料は1,000円/人です。

熱海サンレモ公園

熱海湾に面した南国植物が豊かな公園です。打ち上げ場所からもほど近いので見晴らしは良いです。

MOA美術館駐車場

MOA美術館は、熱海湾からは少し離れますが高台にあるため見晴らしは良いです。

まとめ

今回は、熱海海上花火大会ついてご紹介しました。一年を通して開催されているのでお近くの方は、是非一度は行ってみたい花火大会ですね。

また、熱海といえば温泉なので、温泉旅行と花火を同時に楽しめるような日程でスケジュール調整すれば、より楽しめると思いますよ。


スポンサーリンク

コメントを残す