熊谷うちわ祭りの由来は?2015年の日程は?豪華絢爛な関東一の祇園祭をご紹介!


うちわ祭り
祇園祭といえば京都が有名ですが、実は全国各地で行われています。そのなかでも「熊谷うちわ祭り」は、関東一の祇園祭と言われている有名なお祭りです。

熊谷うちわ祭りは毎年7月に行われ、期間中は70万人の観光客が訪れています。ってことで、今回は、そんな熊谷うちわ祭りについてご紹介します。


スポンサーリンク

熊谷うちわ祭りの由来は?

愛宕八坂神社の例大祭

愛宕八坂神社は、文禄年間に京都の八坂神社を勧請し、現在の鎌倉町の地にある愛宕神社に合祀されました。熊谷うちわ祭りは、そんな愛宕八坂神社の重要な祭祀となる例大祭です。

豪華絢爛な関東一の祇園祭

熊谷うちわ祭りは、合計で12台の山車・屋台が熊谷囃子にあわせて街中を巡行します。その豪華絢爛な様子から関東一の祇園祭と呼ばれています。

なんで「うちわ」?

江戸時代には、多くのお祭りで赤飯を振舞うという風習がありました。現在でもお祭り事で赤飯を食べる風習が残っていますが、これは赤い色が魔除けの効果があるとされていたからです。

熊谷でも「熊谷の赤飯振る舞い」と呼ばれて名物となっていましたが、ある年から赤飯の代わりに実用的な「渋うちわ」が配られるようになり、それが評判になったんだそうです。

熊谷うちわ祭り2015年の日程と会場

熊谷うちわ祭り2015年の日程は以下のとおりです。全期間は5日間ですが、一般的には7月20日~22日が期間となります。

日程2015年7月19日(日)~23日(木)
会場愛宕八坂神社・お祭り広場をはじめとする熊谷市一帯
URL熊谷うちわ祭り 公式サイト

メイン会場となるお祭り広場は、JR高崎線「熊谷駅」から徒歩10分です。

熊谷うちわ祭りの見どころ

初叩き合い

  • 7月20日(月) 19:00~/熊谷駅北口・東口
  • 叩き合いとは、各町内会の山車・屋台が集結して競い合うようにお囃子を鳴らす行事で、お祭りの3日間でそれぞれ行われます。初叩き合いは、これからのお祭りの盛り上がりを予感させる最初の叩き合いです。

    巡行祭

  • 7月21日(火) 13:00~/八木橋デパート前
  • 巡行祭では、歩行者天国となる国道17号線を山車・屋台が巡行します。最終的には、八木橋前交差点にて山車・屋台が扇形に集結して叩き合いを行います。

    曳合せ叩き合い

  • 7月22日(水) 20:00~/行宮(お仮屋)
  • 3日目に行われる曳合せ叩き合いから、お祭りのクライマックスを迎えるため盛り上がりは最高潮に達します。

    まとめ

    今回は、熊谷うちわ祭りついてご紹介しました。関東一の祇園祭と言われているだけあって、迫力があるお祭りだと思いますよ。

    ちなみに、地理的要因から熊谷の夏は、全国で一番暑いと言われています。熊谷うちわ祭りでも、毎年、熱中症になる観光客の方もいらっしゃるようですので、体調管理や水分補給はしっかりしましょう。


    スポンサーリンク

    コメントを残す