時の記念日の由来とは?どういうイベントがある?子供に分かりやすく説明するには?


時計
6月10日は、「時の記念日」です。国民の休日ではないのであまり馴染みがないかもしれませんが、れっきとした国が定めた記念日です。

日本人は、時間に厳しいというイメージがありますが、その昔は意外にも時間にルーズだったそうなんです。時の記念日は、そういった時代背景のなかで生まれました。

今回は、日本人の国民性のルーツにもなっている「時の記念日」についてご紹介します。


スポンサーリンク

時の記念日の由来とは?

時間にルーズだった日本人

現代の日本人は、世界から見ても時間に厳しいというイメージがあります。その象徴になっているのが鉄道や新幹線などの交通機関です。定時通りに出発する日本の交通機関は、海外の観光客には驚きなのだそうです。

しかし、もともと日本人は時間にルーズでした。明治初期に日本に技術伝承にやって来たオランダ人たちは、日本人が時間を守らないことに呆れ果てたと言われています。

大正時代に時の記念日が制定

明治時代には時間にルーズだった日本人ですが、その後、西洋の近代的な時間管理システムが導入されたことから、時間に関する意識が高まっていったと言われています。

その流れの中で、大正9年に「時間をきちんと守り、欧米並みに生活の改善・合理化を図ろう」という意味を込めて、時の記念日が定められました。

6月10日の意味

時の記念日が6月10日になったのは、西暦671年のこの日に天智天皇が初めて水時計を作ったことに由来します。

水時計とは、小さな穴から流れ出る水の量によって時間をはかる古代の時計です。水時計は、夜間には使えない日時計の機能を補うものとして考えられたものと言われています。

どういうイベントがある?

明石市立天文科学館
時の記念日には、全国でいろんなイベントが開催されますが、オススメなのが兵庫県明石市にある「明石市立天文科学館」のイベントです。

明石市立天文科学館は、日本における標準時を定めた日本標準時子午線の真上にある科学博物館で、時間と宇宙をテーマにした展示物やプラネタリウムが楽しめます。

6月10日は、明石市立天文科学館の誕生日でもあることから、毎年この日は入館館料、及び、駐車料金が全額無料となります。

関連リンク:明石市立天文科学館

子供に分かりやすく説明するには?

時の記念日には、是非とも子供たちにも時間を守ることの大切さを学んで欲しいですよね。遊びたいさかりの小さな子供には、まだまだ時間を守るという意識がないかもしれませんので、そういうときは「もし生活の中に時計がなかったらどうなる?」ということを一緒に考えてみましょう。

そうすると…、

  • 朝いつ起きれば良いか分からないから起きたらお昼だった!
  • スクールバスがいつ迎えに来るかが分からない!
  • 授業の始まり・終わりが分からないから決められたスケジュールで勉強ができない!

というような問題が思いつきますので、そこから時間を守って行動することの大切さを理解してくれると思いますよ。

まとめ

今回は、時の記念日についてご紹介しました。時間を大切にすることは子供でも大人でも大切なことですので、それを思い出させてくれる素敵な記念日だと思います。

ちなみに、記事中で世界から見ても日本人は時間に厳しいとご紹介しましたが、それはどっちかというと物事の始まりの時間に対してですね。学校や会社に遅刻すると、めちゃくちゃ怒られますからね…。

一方で、物事の終わりの時間に対する意識は低めな印象があります。例えば、会社で残業することに寛容であったり、むしろ残業する方が偉い!という風潮がまだあるのではないでしょうか?今後は、時間内にキッチリ終えるという意識も高めていきたいですね。


スポンサーリンク

コメントを残す