ぼたもちとおはぎの違いって何?なんでお彼岸のときにお供えするの?


ぼたもち
お彼岸のときにお供えするお菓子といえば…。私の近所のスーパーでは圧倒的に「おはぎ」という名前で売られているんですが、私の祖母は「ぼたもち」って呼んでたんですよねぇ。

ってことで、「ぼたもち」と「おはぎ」って何が違うのか調べてみました。

スポンサーリンク

ぼたもちとおはぎの違い

「ぼたもち」も「おはぎ」も、あんことお餅を使った和菓子ということで、ほとんど同じものみたいなんですが、それぞれ名前の由来があります。諸説あるようですが、季節の花の名前が由来になっているという説が、一般的のようですね。

ぼたもちの由来は「牡丹」

牡丹
春に咲く花で「牡丹(ぼたん)」がありますが、この花から連想して「牡丹もち」⇒「ぼたもち」になったみたいです。また、牡丹の花は大きくて丸いので、「ぼたもち」は大きめに作るのが正しいという説もあるみたい。

おはぎの由来は「萩」

萩
秋に咲く花で「萩(はぎ)」がありますが、この花から連想して「お萩もち」⇒「おはぎ」になったみたいです。また、牡丹の花は小さめなので、「おはぎ」は小さめに作るのが正しいという説もあるみたい。

いやぁ、なかなか風情がありますな。こういう日本人の感性、好きです。ただ、今現在は、季節によって明確に名前を使い分けている印象はあまりないですね。前述のように、私の近所のスーパーでは、一年中「おはぎ」で売られてますし。この辺りは、地域差があるかもしれませんね。

こしあん?粒あん?

あなたは、こしあん派?それとも、粒あん派?

私は、圧倒的にこしあん派!なのですが、「ぼたもち」と「おはぎ」に使われるあんこは、正式には以下の違いがあるみたいです。

春は「こしあん」

春に使う小豆は、昨年の秋に収穫したものになります。保存技術が発達していない頃は、冬を越すと小豆の皮が硬くなってしまうこともあったみたいで、皮を綺麗にとった「こしあん」で「ぼたもち」を作っていたみたいです。

秋は「粒あん」

秋に使う小豆は、その年に収穫した新鮮なものになりますので、皮ごとイケちゃう「粒あん」で「おはぎ」を作ってたみたいです。

今現在は、一年中、質が良い小豆が手に入るので、こういうことを意識する必要はあまりないのかもしれませんね。一年中、こしあんが売られてますし。

なんでお彼岸のときにお供えするの?

小豆
「ぼたもち」も「おはぎ」も小豆が使われてますよね。この小豆の赤い色には、魔除けの効果があると言われています。

そんな小豆を使った「ぼたもち」や「おはぎ」をご先祖様にお供えすることで、邪気を払って家族の健康を祈るという風習が根付いたようです。

小豆を使った料理は、他にも赤飯がありますが、こちらもお祝いの席などでよくふるまわれるのは、魔除けの意味が込められていたんですね。

ほかの呼び方もあった!

ちなみに、「ぼたもち」と「おはぎ」以外に、ほかの呼び方もあります。

夏は「夜船(よふね)」

「ぼたもち」や「おはぎ」のお餅は、杵と臼を使わないのが正式みたいなんです。ってことで、作っている最中に「ぺったんぺったん」という音がしないことから、いつお餅を搗いたのか分からない。そこから「搗き知らず」→「着き知らず」という言葉遊びから、「夜船(いつ着いたのか分からない)」と呼ばれるらしいです。

冬は「北窓(きたまど)」

こちらも途中まで同じで、今度は「搗き知らず」→「月知らず」という言葉遊びから、「北窓(北側の窓からは月が見えない)」と呼ばれるらしいです。

ここまでくると、なにかの暗号のようですね。

まとめ

今回は、「ぼたもち」と「おはぎ」についてご紹介しました。

あんこのお餅に、これだけ名前があることにビックリしましたよ。そして、その由来に、季節を楽しむ日本人ならではの感性が垣間見えて、とってもステキでした。


スポンサーリンク

コメントを残す