お彼岸とはどんな行事?期間はいつからいつまで?何でお墓参りをするの?


お墓参り
もうすぐ春のお彼岸の季節となりました。徐々に寒さが和らぎ始め、過ごしやすい季節になってきますね。花粉症の方はイヤな季節かもしれませんが・・・。

ところでお彼岸ってどんな行事なんでしょう?あまり馴染みがない方もいらっしゃると思いますので、いまさら聞けないお彼岸の基礎知識をご紹介します。


スポンサーリンク

お彼岸とは何?

お彼岸の語源は「至彼岸」

「彼岸」という言葉は、サンスクリット語の「波羅蜜(パーラミター)」を意訳した「至彼岸(とうひがん)」を略したものだと言われています。

また、仏教用語で、悟りの世界を「彼岸」と呼び、私たちがいる煩悩と迷いの世界を「此岸(しがん)」と呼びます。

つまり、「至彼岸」とは、彼岸に到達するために修行をするということを意味します。

「六波羅蜜」とは?

彼岸に到達するための修行を六波羅蜜(布施、持戒、忍辱、精進、禅定、智慧)と呼び、この修行を1日毎に行って見事成し遂げれば、最後の7日目に彼岸に到達できるというわけです。

お彼岸の期間はいつ?

お彼岸は年2回

お彼岸は、3月と9月の年2回あります。期間は、春分の日と秋分の日を中日にして、その前後3日間を合わせた計7日間となっています。また、お彼岸の初日を「彼岸入り」、最終日を「彼岸明け」と呼びます。

彼岸入り中日彼岸明け
春彼岸(2015年)3月18日3月21日3月24日
秋彼岸(2015年)9月20日9月23日9月26日

此岸と彼岸が最も近づく日

春分の日と秋分の日は、太陽が真東から昇り真西に沈みます。彼岸は西の方向に、此岸は西の方向にあるとされているため、春分の日と秋分の日が、此岸と彼岸が最も通じやすくなると考えられています。なので、この期間に至彼岸が行われるようになったんですね。

お彼岸にお墓参りをするのはなぜ?

もともと仏教に由来するお彼岸ですが、一般的にはお墓参りをしてご先祖様を供養する期間というイメ-ジが強いのではないでしょうか?実は、お彼岸にお墓参りをするというのは、他の仏教国にはない日本特有の文化です。

この理由は諸説あるようなのですが、一説によると、悟りの世界である彼岸をご先祖様がいる極楽浄土と重ね合わせて、お彼岸にご先祖様を供養するようになったようです。

また、農耕民族である日本人が、種まきをする春と収穫する秋に、自然やご先祖様に感謝する気持ちが、お彼岸と結びついたとも言われています。

まとめ

今回は、お彼岸についてご紹介しました。小難しい用語が出てきて、分かりにくかったかもしれませんが、お彼岸の時期くらいは覚えておいたほうが良いと思います。

ちなみに、「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉がありますが、これには、春彼岸を境に徐々に寒さが和らぎ、秋彼岸を境に徐々に暑さが和らいでくるよという意味が込められています。

過ごしやすくなるこの時期に、日本人ならではのお彼岸の意味を理解しつつ、お墓参りするのもいいもんですね。


スポンサーリンク

コメントを残す