とうかさん大祭の由来は?2015年の日程や会場は?一足早い浴衣姿で盛り上がろう!


とうかさん

広島三大祭りのひとつに数えられる「とうかさん大祭」は、動員数45万人を超える広島の代表的なお祭りです。

このお祭りは毎年6月に行われるため、浴衣を着始めるお祭りとしても有名です。今回は、初夏の季節を彩る「とうかさん大祭」についてご紹介します。

スポンサーリンク

とうかさん大祭の由来は?

稲荷大明神のお祭り

とうかさん大祭は、広島市中区にある圓隆寺に祀られた「稲荷大明神」のお祭りです。稲荷大明神は、お稲荷様・お稲荷さんとも呼ばれていて、どこか親しみやすい印象がありますね。ちなみに、お稲荷様といえばキツネが思い浮かびますが、キツネはお稲荷様のお使いなんです。

また、「とうかさん」という名前は、「稲荷さん」を音読みした「とうかさん」という言葉に由来しています。

別名は浴衣の着始め祭り

とうかさん大祭は、「浴衣の着始め祭り」とも呼ばれています。開催日が6月上旬のため、この時期から本格的な夏が到来し、ほかのイベントでも浴衣姿の女性が見られるようになります。

とうかさん大祭2015年の日程と会場

とうかさん大祭2015年の日程と会場は以下のとおりです。

日程2015年6月5日(金)~2015年6月7(日)
時間正午~午後11時(最終日のみ午後10時まで)
会場とうかさん圓隆寺、中央通り周辺
URLとうかさん大祭

とうかさん大祭の見どころ

境内を彩る500個の提灯

規則正しく並んだ真っ赤な提灯が境内を彩ります。頭上を取り囲むようにレイアウトされているので迫力があります。

境内から中央通りに並ぶ露店

境内から中央通りにかけて、1000軒に及ぶ露天が立ち並びます。もちろん広島名物のお好み焼きもありますよ!

とうかさん参拝記念の破魔うちわ

境内にて初穂料300円を奉納すると記念の「破魔うちわ」がもらえます。破魔うちわは5種類あって、それぞれご利益が異なってますので何がでるかはお楽しみ!

よさこいソーランなどのイベント

期間中は、よさこいソーラン・和太鼓・浴衣コレクションなど、いろいろなイベントが開催予定になっています。

とうかさん圓隆寺へのアクセス

とうかさん大祭のメイン会場となる圓隆寺へのアクセスは以下のとおりです。

電車の場合

JR広島駅より市電にて約10分の八丁堀を下車し、南へ徒歩5分です。

車の場合

山陽道広島ICから国道54号経由で約7kmです。例年、中央通りの八丁堀交差点から三河町交差点は、交通規制が行われますので注意しましょう。

まとめ

今回は、とうかさん大祭についてご紹介しました。

6月上旬の広島は、平均気温が24℃~28℃なので、天気が良ければ半袖でも問題ないと思います。もちろん浴衣で行けば、夏の雰囲気をより味わえると思いますよ。


スポンサーリンク

コメントを残す