七夕飾りの準備をしよう!笹はどこで買える?最後はどうやって処分するの?


七夕飾り
七夕に欠かせないものと言えば、短冊などで色とりどりに飾り付けした笹ですよね。シーズンになると、家庭の軒先や保育園・学校などでよく見かけます。

私が子供の頃は、実家が田舎だったので、近くの竹林から笹を分けてもらって飾り付けしてました。ときには、身長をゆうに超えるくらいの笹(というか、竹?)をもらったこともあり、家族で担いで持って帰ってましたよ。

ただ、都会では竹林ってそうそうあるもんじゃないですよね。その場合は、お店で調達するのが一般的になりますが、笹ってどこで買えるか意外と不明な方もいらっしゃるかと思います。

ということで、今回は、笹の調達をはじめとして七夕飾りの準備するときに参考になる情報をご紹介します。


スポンサーリンク

笹はどこで買える?

お花屋さん

七夕シーズンになると、お花屋さんでも笹を購入できます。扱ってないお店もありますので、事前に確認しときましょう。

ホームセンター

園芸コーナーがあるホームセンターでも購入できます。また、ホームセンターや100均では、造花の笹が売っていることもあります。造花の場合は使い回し可能なので楽チンです。

竹材店

竹材店は、竹を専門で扱っている業者さんです。大型の笹・竹も購入できますので、学校などで大々的に飾る場合はコチラで調達するのが良いと思います。

ネット通販

近くに取扱店がない場合は、ネット通販でも購入できます。

関連リンク:七夕の笹 通販サイト
  • amazonで七夕の笹を検索
  • 楽天市場で七夕の笹を検索
  • 笹の保存方法は?

    まず、笹は水を吸い上げる力が弱いので、お花を花瓶に挿すように水揚げしても、長持ちしません。何もしなければ半日~1日くらい経過すると、葉が丸まってシナシナになってきます。

    ですので、7月7日の当日に調達するのがベスト。もし、前日に調達する場合は、笹全体を水につけておく、あるいは、濡らした新聞紙を笹全体に巻きつけて保存しましょう。

    七夕飾りの種類

    七夕飾りといえば短冊ですが、実はそれ以外にもいろいろと種類があります。以下は伝統的な七夕飾りの例です。

    吹き流し機織りに使う糸をイメージ。機織りが上達しますように!
    千羽鶴父家族が健康でいれますように!
    巾着お金がたくさん貯まりますように!
    投網魚がたくさん捕れますように!
    屑篭整理整頓し、物を大切にしよう!
    紙衣お裁縫が上達しますように!

    以下のサイトで七夕飾りの作り方が紹介されています。参考にしていただき、豪華に飾り付けしちゃいましょう。

    笹や短冊はどうやって処分するの?

    とっても名残惜しいんですが、七夕の笹や飾り付けは、翌日の7月8日に片付けるのが一般的です。

    笹は燃えるごみ

    笹は、燃えるごみです。地域によってはサイズ指定があると思いますので、適当な大きさに切って捨てちゃいましょう。

    短冊も燃えるごみだけど・・・

    問題は、短冊ですよね。紙なので燃えるごみなんですが、願い事が書いてあるので何か心苦しい・・・。

    そんな場合は、神社で「お焚き上げ(おたきあげ)」してもらいましょう。お焚き上げとは、想いがこもった品物を供養するという儀式ですな。近くの神社でやっているところがあれば是非!

    まとめ

    今回は、七夕の準備についてご紹介しました。

    七夕ってそれなりに準備は大変なんですが、期間が実質1日しかないので名残り惜しいんですよねぇ。まぁでも、織姫と彦星も1日だけしか会えないってことになってるし、その儚い感じが魅力的なのかもしれませんね。


    スポンサーリンク

    1. ダン吉 より:

      http://www.yamaju1.com/tanabatasasa.htm
      宅配便で送ってくれました。

      • タカイチ@管理人 より:

        はじめまして。情報ありがとうございます。

        結構、立派なのを配達もしてくれるんですね。
        豪華な七夕になりそう。

    コメントを残す