七夕の由来って何?なんで笹に短冊を飾るの?いまさら聞けない七夕の基礎知識をご紹介!


七夕
7月7日は、1年に1度だけ織姫と彦星が出会う日。ご存知、「七夕」ですね。

七夕って、大人になってからはあまり意識してませんでしたが、子供の頃は学校で笹に短冊を飾ったりしましたね。

子供の頃はここぞとばかりに願い事をしていましが、何で七夕に願い事するようになったんでしょうねぇ?七夕(たなばた)っていう名前の由来も気になります。

ということで、今回は、いまさら聞けない七夕の基礎知識についてご紹介します。


スポンサーリンク

七夕の由来

7月7日は、もともと「七夕の節句(しちせきのせっく)」と呼ばれる季節の節目となる日です。この日が現在の七夕(たなばた)となった由来は、大きく以下の3つだと言われています。

織姫と彦星の物語

七夕といえば、織姫と彦星の物語が有名ですよね。実は、これは中国から伝わったお話です。

このお話は、天の川をはさんで対面にある「織女星(しょくじょせい)」と「牽牛星(けんぎゅうせい)」という星になぞらえて作られています。

この2つの星は、旧暦7月7日に最もよく光り輝くことから、1年に1度だけ出会えるというロマンチックなお話になったんですね。詳しくは以下の動画をご覧下さい。

乞巧奠

乞巧奠(きこうでん)とは、織姫と彦星の物語から発展した行事で、女子が手芸・裁縫などの上達を願ってお祈りするというもの。もともと中国で7月7日に行われていたものが、日本にも伝わりました。

乞巧奠は、手芸・裁縫だけでなく、やがては芸事や書道などの上達も願うようになりました。

棚機津女

日本の神事に棚機津女(たなばたつめ)というものがあります。

棚機津女とは、棚屋(はたや)と呼ばれる水辺の小屋にこもって水神に捧げるため布を織る巫女さんのことです。棚機津女の風習も7月6日・7月7日に行われておりました。

棚機津女の風習は、「布を織る」という点で、織姫と彦星の物語とも通じるところがあり、両者は次第に習合していきます。

現在、七夕を「たなばた」と呼ぶのは棚機津女が由来になっています。

なんで笹竹に短冊を飾るの?

笹竹は神聖なもの

笹竹は、以下の理由で昔から神聖なものとして扱われてきました。

  • 成長のスピードが早いことから生命力の象徴である
  • 笹竹の葉は殺菌力が強く邪気を払う効果がある
  • 笹竹は中が空洞になっていることから、そこに神が宿ると言われている

こうした理由により、神聖な笹竹に願い事をするようになりました。

短冊はもともと書道の上達を願うもの

短冊は、前述の乞巧奠に由来します。乞巧奠では、書道の上達を願ってお祈りしたとご紹介しましたが、短冊に字を書くようになったのはその一環です。

それがいつしか、短冊に願い事を書くと叶うという風習に変わっていったんだそうです。

短冊の色には意味があるの?

短冊
短冊は、五色の色を使うのが一般的です。この理由は、中国の五行説によるものです。

五行説は、万物は「木・火・土・金・水」という五行で構成されるという説です。この五行を色で表すと、「木⇒青、火⇒赤、土⇒黄、金⇒白、水⇒黒」となり、これを五色と呼びます。

短冊の色は、五色に従っていて、それぞれに意味が込められています。願い事に応じて、短冊の色を使い分けてみましょう!

徳を積む・人間力を高める
父母や祖先への感謝の気持ち
信頼、知人・友人を大切にする
義務や決まりを守る
学業の向上

七夕にはそうめんを食べる!

そうめん
七夕に食べるものといえば、そうめんが一般的。何を隠そう7月7日は「そうめんの日」なんです!

その由来は後醍醐天皇の時代、もともと七夕の儀式では「索餅(さくべい)」と呼ばれる食べ物をお供えしていたようなのですが、やがてそれが、そうめんへと変わっていったんだそうです。

また、そうめんを織姫と彦星の伝説にでてくる天の川に見立てたという素敵な説もあります。いずれにせよ、夏に食べるそうめんは美味しい!

まとめ

今回は、七夕の基礎知識についてご紹介しました。

七夕は、中国と日本の風習が融合した素敵な行事ということでしたね。お子さんがいらっしゃる方は、是非とも簡単に七夕の由来を教えてあげてください。


スポンサーリンク

コメントを残す