横浜開港祭の由来は?2015年の日程や会場は?花火大会などの見どころをご紹介!


横浜港

横浜開港祭は、2015年で第34回を迎えます。その名のとおり横浜の開港を記念した毎年恒例のイベントですね。

毎年、70万人を動員する初夏を代表するイベントですよ。ということで、今回は横浜開港祭について日程や見どころをご紹介します。


スポンサーリンク

横浜開港祭の由来

横浜は、日米修好通商条約により開港した港の一つですが、もともと横浜ではなく神奈川が予定地だったんだそうです。しかし、神奈川は、東海道の宿場町であり外国人とのトラブルが予想されたため、当時はまだ栄えていなかった横浜村が開港されたというわけです。

横浜が開港したのは、陽暦7月1日(現在の6月2日)で、開講一周年にあたる万延元年の6月2日に開港を祝ったのが開港記念日の始まりとなっています。

横浜開港祭2015の日程

横浜開港祭2015の日程は、以下のとおりです。

日程2015年5月30日(土)、5月31日(日)、6月2日(火)
会場臨海パーク、みなとみらい21地区、新港地区、その他周辺
公式サイト第34回横浜開港祭公式サイト

横浜開港祭の見どころ

横浜開港祭といえば、やっぱり最終日に行われる花火大会ですね。関東地区では最も早く行われる花火大会になります。

また、その他にもステージイベントやチビッ子ミニ駅伝など、イベント目白押し。2015年の詳細イベントは現時点ではまだ公開されていませんが、ご参考までに昨年のイベントダイジェストをご覧下さい。

横浜開港祭といえばやっぱり花火大会!

横浜開港祭2015の花火大会は、横浜開港祭の最後を飾るメインイベントとなってます。日程は以下のとおりです。

日程2015年6月2日(火)19:20~19:50
開催地神奈川県横浜市西区みなとみらい
場所臨港パーク前海上
打上数6,000発
雨天雨天決行、荒天の場合は未定

この花火大会は、「ビームスペクタクルinハーバー」というカッコイイ名前がつけられていて、レーザー光線による「光」「音」「水」「花火」の華やかなショーが楽しめます。ご参考までに昨年の花火大会をご覧下さい。

メイン会場の臨港パークはめちゃ混みだと思いますが、毎年、有料席も用意されています。昨年は、4月29日から「ちけっとぴあ」で有料席が販売されていましたので、気になる方はチェックしてみてください。

関連リンク:ちけっとぴあ

また、花火観覧クルーズといって、クルージングしながら花火が見れるちょっと豪華なプランもありますよ。

まとめ

今回は、横浜開港祭についてご紹介しました。

見どころは、やっぱり6月2日の花火ですかねぇ。当日は混雑すると思いますが、一足早い夏気分を味わいたい方にはオススメですよ。


スポンサーリンク

コメントを残す