梅雨時に洗濯物が臭くなるのはなぜ?部屋干しでも生乾きにならない上手な乾かし方とは?


部屋干し

梅雨になり雨の日が続くと、なかなか洗濯物が外に干せない!結果的に部屋干しになるんですが、なかなか乾かないんですよね。

生乾きになった服の臭いは、自分でも気になっちゃいますし、電車の中なんかで周りの人も気になってるかも!?

ということで、今回は、梅雨時でも上手に洗濯物が乾かせる方法を調べてみました。


スポンサーリンク

洗濯物の生乾きの臭いって何が原因?

洗濯物の嫌な臭いは、雑菌やカビなどが原因です。洗濯機の中は、水分、衣類に含まれる皮脂や汚れ、洗剤カスなど、雑菌が繁殖するための栄養が豊富。洗濯機は、雑菌が繁殖するにはとっても良い環境なんです。

雑菌だらけの洗濯機で洗えば、おのずと衣類も雑菌だらけ。また、衣類を濡れたままにしておいも雑菌が繁殖します。つまり、雑菌がなるべく発生しないように、洗濯のやり方や洗濯物の乾かし方に注意が必要なんです。

洗濯のやり方で気をつけること

洗濯槽を定期的に洗浄

洗濯槽は意外なほどに汚れてます。私も以前は意識してなかったのですが、数年間普通に使った洗濯槽をクリーニングしたときに、めちゃくちゃ汚れてました。市販されている洗濯槽クリーナーなどを使用して、数ヶ月に一回程度はお掃除したほうが良いと思います。

洗濯物を洗濯機に入れたままにしない

汚れた衣類は洗濯カゴにいれておくのが良いのですが、洗濯機に直接入れておくこともあると思います。実は私がそうです・・・。ただ、こうすると洗濯機で雑菌が発生しやすくなりますのでヤメといた方が良さそうです。

一人暮らしの部屋なんかだと、なかなか洗濯カゴのスペースが取れないこともあると思いますが、折りたたみができるコンパクトな洗濯カゴもあるみたいですよ。

洗剤を入れすぎない

洗剤はたくさん入れれば汚れがよく落ちる!とついつい思っちゃいますが、適量が大事。入れすぎると洗剤が衣類や洗濯槽に残留して、むしろ汚れの原因になりますので注意しましょう。

梅雨時に部屋干しで上手に乾かす方法

洗濯がおわったらすぐ干す

臭いの原因となる雑菌は、衣類を濡れたままにしていると繁殖しますので、とにかくすぐ干しましょう。

洗濯物はスペースをあけて干す

洗濯物同士が密着していると風通しが悪くなって乾きも遅いです。また、針金ハンガーよりも、厚みがあるハンガーの方が風通しが良くなりますのでオススメです。

ちなみに、カーテンレールに干す方もいらっしゃると思いますが、カーテンと洗濯物が密着して乾きが遅くなります。つっぱり棒などを活用して、十分にスペースをあけて干すようにしましょう。

部屋の湿度をさげる

洗濯物が乾く原理は、要するに衣類中の水分が空気中に放出されるってことなので、部屋の湿度が低ければ乾きやすくなります。

部屋の湿度を下げるには換気するのが一番手軽なのですが、梅雨時は外気の湿度が高いのであまり効果がないかもしれません。なので、除湿機を使うのが一番効果的です。また、新聞紙をまるめて洗濯機の下に置いておくと吸水して湿度を下げる効果があります。

洗濯物に風をあてる

洗濯物に風をあてるのも効果的です。エアコンでも良いのですが電気代が気になるところ。なので、扇風機やサーキュレーターを使うのがオススメです。

ちなみに、私はサーキュレーターを使っています。もともとサーキュレーターは空気を循環させることを目的にしていて、直進性の高い風を発生させることができます。ですので、洗濯物にも効率的に風をあてることができます。
サーキュレーター

また、扇風機やサーキュレーターは、普段からエアコンと併用している方も多いみたいです。空気の流れをよくして、冷房や暖房の効果を高めることができます。

まとめ

今回は、梅雨時でも上手に洗濯物が乾かせる方法をご紹介しました。

全部を実行するのは難しいかもしれませんが、手軽にできる方法もあったかと思います。ぜひ参考にしていただき、カラっと乾いた衣服で梅雨を乗り切りましょう!


スポンサーリンク

コメントを残す